暗号技術が支えるビットコインのしくみ

「未来のお金」とも言われている「ビットコイン」の仕組みとその基礎となる暗号技術についてご紹介します。ビットコインが暗号技術に基づいてどのように「お金」としての機能を提供しているのか、ビットコインにおいて「透明性」や「公平性」がどのように設計されているのかについて、その背景にある公開鍵暗号の概念とともにわかりやすく解説します。

現在のインターネット上のサービスのリスクや、未来のネット社会のあるべき姿について関心を持っていただくとともに、「社会の仕組みをどんな数理モデルに落とし込みますか?」、「これからの社会の公平性はどうやって実現しますか?」といった情報技術とその社会とのつながりに関する問いを参加者に投げかけて理解を深めていただこうと思います。数学などの予備知識がなくても楽しめるような企画にしますので、ぜひお気軽にお越しください。

出展者 九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所
開催日 11/16(土)15:00~16:30
会場 8階 会議室D
形式 セッション(会議室)
URL https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/wp/event/2019k005
備考

登壇者情報:

NEC セキュリティ研究所 特別技術主幹、日本学術会議連携会員 佐古 和恵
電子投票、電子入札、電子抽選、匿名認証など、セキュリティとプライバシーを両立させ、公平性を保証する暗号プロトコルの開発研究に従事。
Asiacrypt, RSA conference (暗号トラック), Financial Cryptography ,Public Key Cryptography, ESORICS などのプログラム委員長・共同委員長を務める。
ISO/IEC JTC 1/SC 27/WG 5 アイデンティティ管理とプライバシー技術国内小委員会委員。ISO/TC307
ブロックチェーンと分散台帳 国際エキスパート。第26代日本応用数理学会会長。一般社団法人MyDataJapan副理事長

タイムテーブル:

11月16日(土)
14:40 受付
15:00 開会の言葉
15:05 講演「暗号技術が支えるビットコインのしくみ」
16:20 質疑応答
16:30 終了

【当日申し込み枠の定員】50名
【受付方法】先着順

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!