SDGs教育を受けた私たちの現在と未来

学校法人立命館は、小学校から大学まで全学的にSDGs教育に力を入れています。特に附属4高校はSSH、SGHにも選ばれており、生徒が主体的に考え将来の自主的なSDGs活動につなげられるように、地域での環境学習や海外研修、海外教育提携校の生徒を招いてのイベント等、先進的なSDGs教育が実施されてます。

本セッションでは、中学・高校でSDGs教育を受けた卒業生自身がその内容を紹介し、いかなる学びがあったか、現在の活動にどういかしているのか、キャリアデザインにどのような影響があったのかを語ります。また、教員側もSDGs教育の意図や生徒の学びの効果を紹介します。さらに学生と教員がパネルディスカッションや会場との対話を行い、早期SDGs教育の重要性や改善点、自ら行動できる人になるためにどうすればよいかを議論します。

※ 本セッションでは、参加者に附属校のSDGs教育や取り組みや卒業生・生徒のインタビューをまとめた資料を配布します。セッションの補完や参加者がSDGs教育に取り組む際のヒントになれば幸いです。

出展者 立命館SDGs教育チーム(大学・附属校)
開催日 11/16(土)15:00~16:30
会場 8階 会議室C
形式 セッション(会議室)
URL http://www.ritsumei.ac.jp/ikkan/
備考

タイムテーブル:

14:40 受付
15:00 開始・登壇者の紹介
15:05 トークセッション
15:40 パネルディスカッション
16:10 会場との対話
16:30 まとめ
16:40 終了

【当日申し込み枠の定員】80名
【受付方法】先着順

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!