一般社団法人Future Center Alliance Japan(FCAJ)は、産学官民の連携による未来の社会に向けたビジョンづくりとオープンイノベーションを試行するプラットフォーム組織です。私たちは日本から生まれた「場(BA)」のコンセプトに基づき、異なる背景、能力、経験を持つ人と人が「場」を通して大目的を共有し、よりよい社会像の実現に向けてイノベーションを創出していくことを目指しています。FCAJには約80の組織が参画していますがイノベーションは個人=ワタシから始まるものであり、個人の考え、価値観、社会への関わり、現在の違和感など、「場」における対話から未来はこうありたいというビジョンや、イノベーションのアイデアが生まれていきます。
サイエンスアゴラ2019のテーマはFCAJにとって親和性が深く、今回は「都市」をテーマに公開ディスカッションを行います。2050年に世界の人口は97億人に達し、その7割が都市に住むと予測されていますが、すでに現在の都市は人の生活レベルでさまざまな問題を抱えています。生活者が中心となったまちづくりの方法として「リビングラボ」などが注目されていますが、今後の都市に重要な視点やクリエイティブなアイデアなどを出していきたいと思います。

出展者 Future Center Alliance Japan
開催日 11/17(日)10:30~12:00
会場 8階 会議室B
形式 セッション(会議室)
URL
備考

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!