昆虫食で未来を養え。~Feed Our Future~

2013年に国連が昆虫食を推奨する報告書を作成して以来、新しいタンパク源としての昆虫に関する関心が高まっています。昆虫食は世界で持続可能な社会を実現する上で大きな役割を果たすことが期待されています。牛や豚と比較して昆虫は水消費量が少なく、成長に必要な餌量や温室効果ガス排出量も低いことが明らかになっています。欧米では環境に配慮したエコ・フードとして食用コオロギの養殖が始まり、食料店舗に昆虫加工品が並ぶようになりました。当会では、2011年より昆虫食の研究を進めており、今年はラオスの栄養改善、地域振興事業の一環として新しいゾウムシの養殖開発を進めています。昆虫の試食を通じ、これから到来する昆虫をあたりまえのように食べている社会、持続可能な社会について考えを深めていきましょう。


企画提供者 NPO法人食用昆虫科学研究会 NPO法人昆虫食普及ネットワーク
開催日 11月16日(土)、17日(日) 終日
会場 5階 テレコムアリーナ
形式 ブース
URL https://shockonken.org/
https://insectcuisine.jp/
備考

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!