超人スポーツ協会は、人間の身体能力を拡張する「人間拡張工学」に基づき、人の身体能力を超える力を身につけ「人を超える」、あるいは年齢や障碍などの身体差により生じる「人と人のバリアを超える」ことにより、テクノロジーを自在に乗りこなし、競い合う「人機一体」の新たなスポーツ(超人スポーツ)を創造しています。

本シンポジウムでは、スポーツを切り口に、テクノロジーによって人の能力をいかに伸ばせるか、またその社会的意義と実現したい未来について、アスリートや研究者の視点を交え、

・Super SPRINT チャレンジ(スピードの拡張)
・Super PHYSICAL チャレンジ(力の拡張)
・Super SENSE チャレンジ(感覚の拡張)

の3つをおもなテーマにして、どのような手段で拡張が可能か、それによってどのような未来が拓けるかを議論します。

出展者 科学技術振興機構・超人スポーツ協会・日本バーチャルリアリティ学会超人スポーツ研究委員会
開催日 11/16(土)13:45~15:15
会場 1階 テレコムアリーナ
形式 セッション(アゴラステージ)
URL
備考

登壇者情報:

為末大
為末大さん登壇

・稲見昌彦(東京大学)
・栗田雄一(広島大学)
・田中孝之(北海道大学)
・為末大(Deportare Partners)
・野嶋琢也(電気通信大学)
・南澤孝太(慶應義塾大学)
・持丸正明(産業技術総合研究所)

タイムテーブル:

13:45~13:50セッションの趣旨説明(5分)
13:50~14:20登壇者からの話題提供(30分)
14:20~15:05パネルディスカッション(45分)
15:05~15:15会場との質疑応答(10分)

開催報告

「超人スポーツシンポジウム@サイエンスアゴラ2019」については、サイエンスポータルで詳細なレポートが公開されています。ぜひご覧ください。
▶新しいスポーツをデザインする~「超人スポーツグランドチャレンジ」の挑戦~

ヒトの未来、未来のヒト

このセッションは、東京2020応援プログラムに認証されました。

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!