未来の共創に向けた社会との対話・協働の深化

文字サイズ

© Department for Promotion of Science in Society 2014 - 2018 Japan Science and Technology Agency.

対話協働

2020年度
「STI for SDGs」アワード 
受賞取り組み紹介

赤島活性化プロジェクト~雨水活用による持続可能社会の模索~

団体名:しまあめラボ(福井工業大学)

<取り組み概要>

 水不足が社会問題となっている島しょ部では、生活用水として雨水を活用しており、その活用に向けたインフラ整備や雨水活用を推進するための人材育成が社会課題となっている。また、近年地球温暖化による気候変動に起因した豪雨や渇水は全世界的な問題となっている。

 この取り組みでは、国内で唯一全生活用水を雨水に依存する長崎県五島市の赤島に「自立分散型スマート雨水活用システム」を平成29年度から設置した。同システムには雨水の水質処理システムやIoT制御技術を搭載しており、島内での限られた水資源の確保とその運用を行っている。一方、都市部では雨水タンククラウドを構築して最新の気象予報に基づくタンクの降雨前排水や渇水・被災時における周辺給水により、豪雨時の内水氾濫の緩和と水資源の確保の両立を提案している。さらに、本取り組みを通じて雨水活用に関する島民や学生への環境教育プログラムを展開し、雨水活用への理解と人材育成を促進している

<受賞理由>

 気候変動時代における水インフラのレジリエンスの向上を目指し、地域に密着した活動を展開している点が本アワードの趣旨に合致している。また、島しょ部などの水資源の確保や市街地における内水氾濫という社会課題への対応、および他地域や海外への展開性が、SDGs目標6,9,11および13の達成に貢献する取り組みであり、優秀賞にふさわしい。

<取り組み紹介動画>

取り組み紹介動画「小さな離島から世界へ」


受賞者による取り組み紹介(サイエンスアゴラ2020 にて)

  • エコプロOnline2020(11/25~28開催)でのセミナー映像もこちらでご覧いただけます。

※今年度は次世代賞の該当はありません

ページの先頭へ