未来の共創に向けた社会との対話・協働の深化

文字サイズ

© Department for Promotion of Science in Society 2014 - 2018 Japan Science and Technology Agency.

対話協働

2020年度「STI for SDGs」アワード 募集要項

「STI for SDGs」アワード
2020年度 募集要項

※今年度の募集は終了しました。多数のご応募をいただき、ありがとうございました。
 面接選考は、2020年9月23日および24日を予定しています。
 今後、選考委員会による書類選考を行い、面接選考に進まれる取組については8月末までにお知らせします。
 面接選考に進まれない場合はご連絡いたしません。
 また、選考に関する照会は受け付けませんので、予めご了承ください。

委員長メッセージ ~「STI for SDGs」アワードに応募を検討される皆様へ~

皆さんもご存知のとおり、「SDGs(持続可能な開発目標)」は2030 年を目標達成年に設定しています。残された期間はあと10 年しかありません。昨年(2019 年)9月に開催された国連「SDGs サミット2019」においても、目標達成に向けてよりアクションを加速化させることが各国首脳間で合意されました。......メッセージ全文を読む

募集対象

科学技術イノベーション(Science, Technology and Innovation : STI)を用いて社会課題を解決することによりSDGsの達成を目指す、地域における優れた取組を対象とします。
STIについては、分野、用途、新規性、技術水準等の要件を設けませんので、他地域へも展開ができるような取組を広く募集します。

応募要件

STIを用いて社会課題を解決することによりSDGsの達成を目指す、地方自治体、民間企業、大学等(国公私立大学、高等専門学校、国立試験研究機関、公立試験研究機関、国立研究開発法人、公益法人・NPO等の非営利法人)、教育機関(高等学校、中学校等)、自治会やサークル、市民ネットワーク等の団体による国内における取組であることを要件とします。
応募は自薦のみとします。

表彰

・文部科学大臣賞(最優秀賞、1点)
・科学技術振興機構理事長賞(1点)
・優秀賞(4点程度)
・次世代賞(大学生以下の団体による取組を対象)(3点程度)
※賞の名称、点数などは変更になる場合があります。

募集期間

2020年4月24日(金)~7月15日(水)

応募方法

本ページ記載内容をご確認のうえ、応募申請用紙に必要事項を記入し、応募サイトからご応募ください。また、記入に当たっては応募申請用紙に記載の「記入上の注意事項」も参照ください。

応募申請用紙
募集要項(印刷用PDF)
よくあるお問い合わせ

選考方法

選考は書類評価と面接評価の2段階評価によって実施します。
応募いただいた取組については選考委員会による書類評価を実施し、面接評価に進む取組を決定します。面接評価を実施した後、表彰対象となる取組を決定します。選考委員一覧はこちらをご覧ください。

評価は以下の8項目を元に行います。評価項目の詳細はこちらをご覧ください。

①包摂性⑤展開性
②統合性⑥継続性
③科学技術イノベーションの活用⑦マルチステークホルダー参加型
④革新性、独創性⑧ストーリー性

選考結果の通知

面接評価は、8月末日までに担当者の方へご連絡のうえ、9月23日または24日に実施の予定です。面接評価の結果は、10月中旬までにご連絡を差し上げます。
なお、面接評価に進まれない取組についてはご連絡を行いませんので、予めご了承ください。選考に関する照会は受け付けません。

表彰式

表彰式は11月中旬に実施の予定です。詳細は、追って本サイトにてお知らせします。

参考

「STI for SDGs」アワード実施要領

主催

国立研究開発法人 科学技術振興機構

後援

文部科学省

募集に関するお問合せ先

国立研究開発法人 科学技術振興機構 「科学と社会」推進部
「STI for SDGs」アワード事務局
E-mail:sdgs-award〔at〕jst.go.jp  〔at〕をアットマークに変えてください。

ページの先頭へ