イノベーションシステム整備事業

先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラム

Creation of Innovation Centers for
Advanced Interdisciplinary Research Areas Program

人材育成

先端融合領域におけるイノベーションを担うために、大学等と企業の双方の現場において
必要とされる次世代の研究者・技術者等の人材育成を行う。

平成19年度採択
 国立大学法人 東京大学 『システム疾患生命科学による先端医療技術開発』
http://www.tsbmi.m.u-tokyo.ac.jp/index.html

『医療技能の技術化・デジタル化(医デジ化)』という
独自のコンセプトにもとづく医療支援システムの構築法を確立する


名前 : 小泉憲裕
所属 : 東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻

Q:
拠点ではどのようなことに取り組んでいますか?(産学の機関や既存の学問領域を超えた取り組みを行っているか?)
A
情報通信およびロボット技術、超音波技術を利用した低侵襲診断・治療機器の開発やメタボリックシンドロームのための内臓脂肪量評価技術の確立など、医工融合領域という既存の枠組みを超えて分野横断的な研究・開発プロジェクトの推進を産業界・官界を巻き込んで行なっている。
Q:
拠点に参加して感じたことをおきかせください。(他研究プログラムや研究室との違いなど)
A
先端融合プログラムを通じて、医工学融合領域における世界最高水準の学術基盤が本拠点においてさらに強固なものとなりつつあると感じる。また、産・官界を巻き込む形で研究成果の実用化・製品化にむけた強力なバックアップ体制が本拠点に整備されつつあると感じる。
Q:
今後の目標をお聞かせください。(イノベーション創出に向けた目標設定がなされているか?)
A
産官を巻き込む形で医療診断・治療機器を本拠点で実用化・製品化してゆければと期待しています。また、このことを通じて『医療技能の技術化・デジタル化(医デジ化)』という独自のコンセプトにもとづく医療支援システムの構築法を確立するとともに、このための機構・制御・画像処理アルゴリズムに関するコア基盤技術をより強固なものにしてゆければと期待しています。

生体イメージングデバイス、解析・定量ソフトウェアの開発により、
光で生体を解析する新たな手法を提案


名前 : 西村智
所属 : 東京大学循環器内科・システム疾患生命科学による先端医療技術開発、
自治医科大学分子病態治療研究センター分子病態研究部

Q:
拠点ではどのようなことに取り組んでいますか?(産学の機関や既存の学問領域を超えた取り組みを行っているか?)
A
今までの分子生物学ではアプローチが難しかった生体の複雑性そのものを捉えるイメージングデバイス開発を、顕微鏡メーカー等との連携のもとに行っています。日本発の独創的な光学技術を提案できるように心がけています。多様な生活習慣病の病態解明をマウスレベルで行うだけでなく、大型動物・ヒトのイメージングも視野に入れています。
Q:
拠点に参加して感じたことをおきかせください。(他研究プログラムや研究室との違いなど)
A
拠点では、参画企業との連携を密接に行う事ができます。特に商品化など医療への将来的インパクトを重視している点が、他の研究プログラムとは全く異なると思います。
Q:
今後の目標をお聞かせください。(イノベーション創出に向けた目標設定がなされているか?)
A
今後は、より医療場面に近い技術開発を目指していきます。具体的には生体イメージングデバイス、解析・定量ソフトウェアの開発により、光で生体を解析する新たな手法を提案していきます。将来的には、無侵襲体外診断デバイスなども視野にいれて考えていきます。