イノベーションシステム整備事業

先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラム

Creation of Innovation Centers for
Advanced Interdisciplinary Research Areas Program

拠点形成

5年程度の比較的短期的な実用化を目指すのではなく、概ね10年~15年先を見通し、
革新的な技術の開発並びに新産業の創出などの大きな社会・経済的なインパクトをもたらす可能性がある
先端融合領域において、世界的な研究拠点を形成する

平成18年度採択
 国立大学法人 北海道大学 『未来創薬・医療イノベーション拠点形成』
http://www.cris.hokudai.ac.jp/cris/innovahome/index.html

タンパク質修飾技術等による次世代創薬と光・放射線計測技術による個別化医療との融合

実施機関
国立大学法人 北海道大学
実施期間
平成18年度〜27年度
総括責任者
山口 佳三 (北海道大学 総長)
研究者(代表)
創薬部門統括:五十嵐 靖之 (次世代ポストゲノム研究センター 特任教授)
医療部門統括:玉木 長良 (大学院医学研究科 教授)
所在地
北海道札幌市北区北8条西5
TEL
011-706-9188
FAX
011-706-9190
協働機関
塩野義製薬㈱、 ㈱日立製作所、 住友ベークライト㈱、 日本メジフィジックス㈱、 三菱重工業㈱

創薬候補化合物群の連続的創出を可能とする創薬基盤を整備し、患者にやさしい非侵襲的個別化医療を実現するため、出口を見据えた研究と人材育成の国際拠点を形成する。生命科学と先進医療工学の融合研究を先端医療に繋げ、大学が開発に関わるシステム改革を進め、創薬・医療機器開発プロセスをストリームライン化する。個別の企業だけではリスクが大きく踏み出せない研究開発を、大学が主体的に推進することで可能とする。国内外から若手研究者を雇用し、企業研究者の大学院講義や教員としての雇用等で、出口志向の若手研究者を育成する。企業研究者が、大学院で学位を取得し産学の相互人材交流を促すための各種制度改革を実施する。国際的シンポジウムを定期的に開催し、世界的視野に立った融合研究を進める。