トピックス

プロジェクト現場から

「科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム」
第1回プログラムサロン(2012年11月29日)開催報告

 プログラムサロンは、各プロジェクトの途中成果を公開して、政策担当者や研究者と情報や問題意識を共有し、現実の政策形成に活用できるプログラムにするための議論を深めることを目的としています。(案内:第1回プログラムサロン

 第1回目として、2012年11月29日に「合意形成のための「共同事実確認」手法:エネルギー政策、食品安全、海洋空間計画のアクションリサーチ」と題して、東京大学公共政策大学院の松浦先生のプロジェクトから発表を頂き、ディスカッションを行いました。

 参加いただいた関係府省の担当者、他のプロジェクト関係者やアドバイザーから、松浦プロジェクトの内容への高い関心と期待とともに、多くの指摘や要望が示されました。



松浦先生と馬場先生からプロジェクトについての発表をいただきました



サロン後も飲み物を片手に意見交換が行われました

ページトップに戻る