最新情報

JSTトピックス

SIP「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」 東北大学「東北インフラ・マネジメント・プラットフォームの構築と展開」が「第1回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞!

SIP「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」
https://www.jst.go.jp/sip/k07.html

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」(以下、SIPインフラ)が推進している東北大学「東北インフラ・マネジメント・プラットフォームの構築と展開」の取組が、このたび、内閣府が主催する「第1回 日本オープンイノベーション大賞」の国土交通大臣賞を受賞しました。

日本オープンイノベーション大賞は、ロールモデルとなる先導的又は独創的な取り組みの表彰と発信により、オープンイノベーションをさらに普及させ、我が国の科学技術イノベーション創出を加速することを目指しています。

東北大学「東北インフラ・マネジメント・プラットフォームの構築と展開」は、SIPインフラの研究開発成果等の各地域での社会実装を推進する「地域実装チーム」の取り組みです。東北大学のインフラ・マネジメント研究センター(センター長:久田 真 教授)が中心となり、産学連携拠点となる東北インフラ・マネジメント・プラットフォームを構築するとともに、SIPインフラで開発された東日本高速道路株式会社のデータベースシステムを元に構築した「自治体向けインフラメンテナンス統合データベース」を、山形県、宮城県、仙台市に導入し、インフラ維持管理の情報基盤を整備しました。今回の受賞は、この一連の取り組みが評価されたものです。