JSTトップ > 最新情報 > プレスリリース > プレスリリース 2004年度

最新情報

プレスリリース 2004年度

2005年03月31日
シクロフィリンDの関与する細胞死のメカニズムの解明
2005年03月29日
戦略的創造研究推進事業における平成17年度新規領域および研究総括の決定と研究提案の募集開始
2005年03月28日
細胞の反応をコンピュータシミュレーションで予測
~分子ネットワークの情報処理の仕組みを解明~
2005年03月25日
戦略的創造研究推進事業 発展研究(SORST)における 平成17年度新規採択課題の決定について
2005年03月24日
戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ICORPタイプ)における平成16年度 研究領域および研究総括の決定について
2005年03月23日
2005第1回基礎研究報告会 ―シンポジウム「免疫研究最前線」― の開催について
2005年03月22日
失敗知識データベースの一般公開を開始
2005年03月18日
バイオインフォマティクス推進事業における研究開発課題の募集
2005年03月17日
「産学官連携従事者データベース」および「産学官連携機関データベース」の提供について
2005年03月14日
高精度、高速、安価な測長器の製造・販売を行う大学発ベンチャー企業設立
-液晶電気光学効果を利用した精密測長器と3次元マイクロ光学スキャナーを開発-
2005年03月11日
「委託開発事業」における開発課題および開発企業を選定
2005年03月01日
地震発生時刻や情報伝達に応じた津波犠牲者数・被害額が推定可能に
~津波減災に関わる社会技術:津波総合シナリオ・シミュレータの開発~
2005年03月01日
男性不妊症の原因に迫る
~小さなリングの大きな役割~
2005年02月23日
先端計測分析技術・機器開発事業における平成17年度 開発課題の募集開始
2005年02月22日
超耐熱性分解酵素の量産に成功
2005年02月18日
統計解析機能を備えた電子カルテによる診療ナビゲーションシステムの開発
2005年02月16日
カリウム型人工ゼオライトの製造装置の開発に成功
2005年02月16日
「文法中枢」で英語の達人判定
~大学生、英語の熟達度で脳活動に差~
2005年02月14日
世界最大の光閉じ込め効果をもつ新しい光ナノ構造「光ダブル・ヘテロ構造」の開発
- 自身のもつ光閉じ込め世界記録を大幅に更新。新しい情報・通信分野への展開が可能に-
2005年02月08日
神経疾患、加齢による大脳機能障害、虚血性脳神経疾患、虚血性心疾患、これらの予防・治療薬を開発・支援する大学発ベンチャー企業設立
2005年02月04日
平成17年度 独創的シーズ展開事業(権利化試験、独創モデル化、大学発ベンチャー創出推進、委託開発)、革新技術開発研究事業の課題を募集
2005年02月02日
小型オールアルミ化を可能としたエンジンシリンダコーティング技術を開発
-摩擦熱を利用した表面改質・接合装置の製造・販売を行う大学発ベンチャー企業設立-
2005年01月31日
「神経幹細胞が多様な神経細胞を産生するメカニズムを発見」
2005年01月28日
世界初のサブナノサイズパラジウムクラスターを開発
- 最先端ナノテクノロジーによるスーパー触媒 -
2005年01月27日
研究成果活用プラザにおける事業化のための育成研究に関する平成16年度採択課題の決定について
2005年01月26日
環境保護計画等への有効利用に全国レベルでの展開を期待
―生物多様性保護支援ならびに森林動態把握を目的としたデータベースの事後評価―
2005年01月24日
産学官連携ポータルサイト及び産学官連携支援データベースの提供について
2005年01月24日
細胞内のタンパク質輸送過程を人工的に再現し、タンパク質を正確に運ぶメカニズムを解明
2005年01月24日
有機強誘電体で最高の誘電特性をもつ低分子材料を開発
- 有機半導体と組み合わせた有機デバイスにも利用可能な材料開発へ道 -
2005年01月21日
細胞内カルシウムチャネルのホットスポット構造を解明
- IP3受容体の開閉制御に必須な調節部位のX線結晶構造解析に成功 -
2005年01月19日
科学技術・理科教育用デジタル教材の一般公開について
~『理科ねっとわーく 一般公開版』のリリース開始~
2005年01月14日
酸化ストレス状態を認識する分子を細胞の小胞体内で発見
-活性酸素の酸化・還元が細胞内のカルシウム伝達機構を制御-
2005年01月07日
産学官連携ジャーナルの創刊について
2005年01月07日
有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
-次世代光通信用材料開発に新たなる道筋-
2005年01月06日
究極のナノデバイス「原子スイッチ」を開発し実用化にも目途
-ナノテクノロジーによって生まれた原子スケールデバイス-
2004年12月29日
精子・卵子(配偶子)の多様性を産み出す蛋白質複合体の発見
~不妊の原因解明、遺伝子治療や品種改良への期待~
2004年12月23日
植物と共生菌との共生メカニズムを解明
~共生関係を制御するタンパク質を明らかに~
2004年12月17日
人道的対人地雷探知・除去技術研究開発推進事業
「地雷探知機(試作機)の屋外公開試験」(平成17年3月)のご案内
2004年12月14日
JST事業を利用して設立されたベンチャー企業は98社
2004年12月14日
アミノ酸類の効率的合成方法の開発に成功
- ニオブ原子の潜在能力を引き出した新型触媒 -
2004年12月06日
金属ナノ粒子中の電子スピン寿命の観測に成功
-金属ナノ粒子のスピンエレクトロニクス素子への応用に道-
2004年12月03日
赤痢菌による新たな自然免疫回避機構を発見
2004年11月30日
プレベンチャー事業で血液凝固因子生産型バイオリアクターの基本技術を開発
-血液凝固因子生産型バイオリアクターの研究及び肝細胞培養関連材料を販売する大学発ベンチャー企業設立-
2004年11月29日
パーフルオロカーボン乳剤製造システムを開発
2004年11月25日
大学発ベンチャー創出推進事業からのベンチャー第一号
家庭用有機物資源化装置の研究開発、製造、販売等を行うベンチャーの設立について
2004年11月25日
透明で曲げられる高性能トランジスタを実現
- フレキシブルなディスプレイへのブレークスルー ―
2004年11月22日
戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATOタイプ)における平成17年度研究総括および研究領域の推薦の募集について
2004年11月22日
湿度の変化で磁性が変わる新材料の合成に成功
2004年11月19日
ブロー成形の成形サイクル短縮化に成功
2004年11月19日
「生物の生物時計はどうやって時を刻むのか:新たなメカニズムを発見」
2004年11月12日
三次元超微細構造プラスチック光学素子の開発に成功
2004年11月11日
社会技術研究システム・公募型プログラムにおける平成16年度新規採択研究代表者及び研究課題の決定について
2004年11月09日
プレベンチャー事業で「高性能組込マイクロプロセッサ」を開発
ギガビットクラスのネットワークに対応する低価格高性能システムLSIを実用化する大学発ベンチャー企業設立
2004年11月05日
JDreamPetitおよびJDreamDailyがより利用しやすい価格に
2004年11月05日
病原菌を分解する細胞内システムを新たに発見
2004年11月04日
飢餓適応機構としての自己タンパク質分解の意義の解明
~新生児は出生に伴う飢餓をオートファジーで凌ぐ~
2004年11月01日
巨大なTMR(トンネル磁気抵抗)効果の発生メカニズムを実証
2004年10月29日
プレベンチャー事業で「タンパク質の徐放性製剤」を開発
2004年10月28日
平成16年度「地域結集型共同研究事業」事業実施地域及び課題の選定について
2004年10月28日
細菌べん毛フックの立体構造からナノサイズのユニバーサルジョイントの構造設計・構築原理・動作機構を解明
2004年10月27日
社会技術研究システムによるミッション研究「日本における子供の認知・行動発達に影響を与える要因の解明」における短期研究の実施について
2004年10月25日
個人型研究(さきがけタイプ)平成16年度研究報告会「さきがけライブ2004」開催のお知らせ
2004年10月20日
プレベンチャー事業で「医療用能動チューブ」と「2次元触覚ディスプレイ」を開発
マイクロ運動素子を用いた医療・福祉機器等の開発・製造・販売を行う大学発ベンチャー企業設立
2004年10月18日
2004第2回基礎研究報告会
-シンポジウム「~ナノテクノロジーから何が出てきているか?~」-の開催について
2004年10月08日
戦略的創造研究推進事業(チーム型研究/CRESTタイプ)に係る研究費の不適正な経理処理の調査結果について
2004年10月01日
研究開発戦略センター センター長に生駒俊明氏10月1日就任
2004年09月30日
研究情報データベース化事業において開発した「生体水素水和水データベース」及び「水産海洋データベース」の公開を開始
2004年09月30日
戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATOタイプ)における平成16年度 研究領域及び研究総括の決定について
2004年09月29日
平成16年度研究成果活用プラザ京都における事業化のための育成研究に関する採択課題の決定について
2004年09月24日
重点地域研究開発推進事業 平成16年度新規育成研究課題の募集について
2004年09月23日
量子テレポーテーションネットワークの実現
2004年09月21日
戦略的創造研究推進事業(公募型研究)における平成16年度新規採択研究代表者・個人研究者及び研究課題の決定について
2004年09月17日
「委託開発事業」における開発課題および開発企業を選定
2004年09月09日
半導体を用いた量子もつれ光子の発生に成功
-半導体を用いた量子通信・量子計算デバイスへの道を拓く-
2004年09月08日
病原体成分認識によるインターフェロンα生合成誘導の仕組みを解明
2004年09月06日
第7回社会技術研究フォーラムの開催について
2004年09月01日
プレベンチャー事業にて21世紀の化学物質の多様化・複雑化の進行に対応すべく生体成分の分析の容易化・迅速化を狙いとした新しい分析手法を確立
2004年08月31日
平成16年度「委託開発事業」の第二回募集について
2004年08月31日
先端計測分析技術・機器開発事業における平成16年度新規採択開発課題の決定について
2004年08月27日
研究情報データベース化事業において開発した3種のDNA多型データベースの事後評価について
2004年08月26日
「革新技術開発研究事業」 平成16年度採択課題を決定
2004年08月26日
高温超伝導の解明に結びつく電子秩序を観測
2004年08月24日
PET診断薬原料となる18O標識水の量産プラント開発に成功
2004年08月24日
巻貝の左右巻型形成に新発見
―初期発生で非鏡像関係―
2004年08月23日
地域結集型共同研究事業 平成11年度採択地域 合同報告会開催のお知らせ
2004年08月16日
8人に1人、被引用100回以上に急増
=さきがけ研究者への初の追跡調査=
2004年08月06日
「ウィルス感染による植物の細胞死のメカニズムを解明」
2004年08月05日
鋳型非依存性RNAポリメラーゼの反応機構を解明
― 非天然アミノ酸を含むタンパク質の合成法の道を開く ―
2004年08月05日
ニジマスを産むヤマメの作出に成功
~借り腹養殖や絶滅危惧魚種の保全基礎技術を確立~
2004年08月02日
研究成果最適移転事業 成果育成プログラムA(権利化試験) 平成16年度新規採択課題を決定
2004年07月30日
CREST「脳」4領域合同イベント「脳!-大いなるフロンティアに挑む」開催のお知らせ
~「最前線の研究者と直接語ろう-遺伝子・ニューロン・ロボット」~
2004年07月30日
世界で初めて強相関酸化物金属強磁性体の界面磁性の直接検出とその増強に成功
- 強磁性トンネル接合を用いたメモリやセンサの高性能化に道 -
2004年07月29日
NC加工可能な複曲面金型の鏡面研削ユニットの開発に成功
2004年07月28日
毛利衛日本科学未来館館長の訪中について
2004年07月27日
乳幼児期の視覚体験がその後の色彩感覚に決定的な影響を与える
- 色彩認識のメカニズム解明に大きく前進 -
2004年07月26日
「大学発ベンチャー創出推進事業」平成16年度採択課題を決定
2004年07月26日
新薬開発に利用可能な「薬物の体内動態予測システム」の開発に成功
2004年07月20日
生産効率が大幅に向上する離型金型用被膜加工技術の開発に成功
2004年07月16日
プレベンチャー事業で「携帯型3次元形状計測カメラ」を開発
携帯型3次元形状計測カメラの開発・製造・販売及び3次元ソリューションサービスを行う大学発ベンチャー企業設立
2004年07月15日
研究成果最適移転事業 成果育成プログラムA(権利化試験)における平成12、13年度実施課題の事後評価について
2004年07月12日
染色体分配を制御するRNA分子
~がんの要因解明とがん創薬への期待~
2004年07月08日
高温超伝導メカニズム解明への手がかり
-電子の運動状態に対する格子振動効果の直接観測に成功-
2004年07月08日
Toll様受容体・インターロイキン1受容体からのシグナルによる多段階遺伝子発現制御機構を解明
2004年07月05日
理性と衝動性のメカニズムの解明へ一歩
~目先の得か?将来の得か? 脳の並列ネットワークが計算~
2004年07月05日
マルファン症候群2型の原因遺伝子を発見
2004年06月29日
社会技術研究システムにおける新規研究 「心身や言葉の健やかな発達と脳の成長」の研究開始について
2004年06月29日
社会技術研究システム公募型プログラムにおける平成16年度研究提案の募集開始
2004年06月29日
「生殖細胞と体細胞の分化のスイッチを担うタンパク質を発見」
2004年06月17日
金沢大学との連携による新技術説明会の開催について
2004年06月16日
国際共同研究 JST-ATR-CMUジョイントワークショップの開催について
2004年06月15日
『地域から発信する科学技術』シンポジウム
-地域連携で創り出す生体機能維持・再生・再建技術の将来-を広島県で開催
2004年06月11日
「委託開発事業」及び「研究成果最適移転事業 実施許諾・開発あっせん(ライセンス)」の実施料配分等の見直しについて
2004年06月10日
プレベンチャー事業で世界に先駆け 「高分解フェムト秒パルス分光計測システム」 の技術開発に成功
- 「次世代指向の赤外パルス分光計測システム」 製造販売の大学発ベンチャー企業を設立 -
2004年06月10日
研究成果最適移転事業 成果育成プログラムB(独創モデル化)の採択課題を決定
2004年06月09日
国際科学技術コンテスト支援事業における支援コンテストの決定について
2004年06月07日
受容体サブユニットの配置変換がシグナルを仲介
~受容体の構成成分が動く~
2004年06月04日
完全3次元フォトニック結晶を用いて究極の発光制御に成功
2004年06月04日
電気を通すグラファイトナノチューブの開発に初めて成功
2004年06月02日
先端計測分析技術・機器開発事業平成16年度公募提案を締め切る
総応募件数 522件
2004年06月01日
高度情報社会の脆弱性を俯瞰するための災害予測図(ハザードマップ)作成シミュレーションソフト試作版を開発
- 社会技術研究システム ミッション・プログラムII研究成果 -
2004年05月28日
ミクロ流路内での三相系水素化反応に成功
-マイクロチップが並ぶ化学プラントの実現に近づく-
2004年05月26日
二型糖尿病モデルマウスcDNAアレイの開発に成功
2004年05月26日
下水汚泥酸発酵システムの開発に成功
2004年05月25日
国際ハップマップデータベース ミラーサイト開設について
2004年05月25日
第3回 JST IT科学技術・理科教育シンポジウム
-先進的科学技術・理科教育用デジタル教材の開発・提供-の開催について
2004年05月24日
高速汚泥コンポスト化システムの開発に成功
2004年05月24日
シリコンウエハーのエッチング廃液から酸の分離回収を実用化
2004年05月21日
高効率で強化繊維に含浸させた熱可塑性樹脂複合材料の開発に成功
2004年05月21日
アポトーシス細胞の貪食異常による自己免疫疾患
2004年05月20日
ナノサイズのらせん状細孔をもつシリカの合成に成功
-キラルな分子を分離・合成する新しい触媒材料の創製-
2004年05月19日
研究成果最適移転事業 成果育成プログラムB(独創モデル化)における平成14年度実施課題の事後評価について
2004年05月19日
プレベンチャー事業における平成12年度採択課題の事後評価について
2004年05月18日
植物が良く育つ高保水性ゲルを用いた屋上緑化システムの開発に成功
2004年05月17日
高密度半導体鉛フリー・フラックスフリー対応はんだ接合システムの開発に成功
2004年05月17日
骨髄移植の成否の鍵を握る受容体を発見
2004年05月13日
「アミノ酸類の高効率的合成方法の開発に成功」
2004年05月13日
独立行政法人科学技術振興機構「研究成果活用プラザ京都」の開館等について
2004年05月10日
磁気不揮発メモリーの書き込み技術の飛躍
-ユビキタス社会の本命メモリーの超大容量化に道-
2004年05月02日
乳癌治療予防薬「タモキシフェン」によるDNA損傷とそれに伴う癌誘発機構を解明
2004年04月29日
エレクトライドを用いた高輝度冷電子エミッターを実現
-セメントをナノテク加工して冷電子放出銃へ-
2004年04月26日
戦略的創造研究推進事業における平成16年度新規領域及び研究総括の決定と研究提案の募集開始
2004年04月23日
国際科学技術コンテスト支援事業における支援対象コンテストの募集について
2004年04月22日
文字の習得に「文字中枢」
~大人でも一夜漬けで脳が活性化~
2004年04月21日
DNA組換えのホットスポットが「ホット」になる仕組みを解明
2004年04月15日
平成16年度「委託開発事業(一般企業対象、中堅中小企業対象、新規企業対象)」の開発課題・開発実施企業を募集(第1回)
2004年04月15日
骨代謝を制御する新しい免疫受容体の発見
2004年04月06日
新たな病原微生物感染の入り口「腸管絨毛M細胞」を発見
―新しい感染経路そして粘膜ワクチン開発への新戦略へ―
2004年04月06日
「空気中で安定な不斉ルイス酸触媒の開発に成功」
-不斉触媒反応の工業化に拍車-
2004年04月05日
有機トランジスタの性能向上に成功
-有機エレクトロニクスの実用化に重要な一歩-