JSTトップ > JSTについて > 持続可能な開発目標(SDGs)への科学技術イノベーションの貢献

持続可能な開発目標(SDGs)への科学技術イノベーションの貢献

シンポジウム「持続可能な開発目標(SDGs)と科学技術イノベーション」を9月5日(火)に国連大学にて開催!

ご参加いただき誠にありがとうございました。当日の講演資料を下記のとおり公開しています。(2017/09/12)

  • 開催日時:2017年9月5日(火) 13:30-17:20 (開場 13:00)
  • 開催場所:国連大学 ウ・タント国際会議場 (住所 東京都渋谷区神宮前5丁目53ー70)
  • プログラム:シンポジウムポスター(PDF)
13:30-13:45 開会挨拶(総合科学技術イノベーション会議, 外務省, 文部科学省)
13:45-14:00 「SDGsと科学技術イノベーション(STI)」(JST大竹上席フェロー)(PDF:2MB)
14:00-14:15 学術界の取組 (東京大学 五神真 総長)(PDF:1.5MB)
14:15-14:30 経済界の取組(日本経済団体連合会 山西健一郎 副会長)(PDF:4MB)
14:30-14:45 研究機関の取組(産業技術総合研究所 中鉢良治 理事長)(PDF:3MB)
14:45-15:00 国際機関の取組(国連広報センター 根本かおる 所長)(資料非公開)
15:30-17:15 パネリスト:国連大学 沖大幹 上級副学長(PDF:1MB)

パネリスト:日本工学アカデミー SDGs プロジェクト 武田晴夫 プロジェクトリーダー(PDF:240KB)

パネリスト:日本学術会議 井野瀬久美惠 副会長(PDF:120KB)

パネリスト:産業競争力懇談会 (COCN) 小豆畑茂 実行委員(PDF:1MB)

パネリスト:SDGs市民社会ネットワーク 稲葉雅紀 専務理事(PDF:810KB)

モデレーター/パネリスト:ジャパン・イノベーション・ネットワーク (JIN) 小原愛 シニアマネージャー(PDF:1MB)

コメンテーター:日本学術会議若手アカデミー 狩野光伸 副会長(口頭発表のみ)

コメンテーター:慶應義塾大学 和田恵さん(PDF:610KB)
17:15-17:20 閉会挨拶(JST M口理事長)

持続可能な開発目標(SDGs)とは?

SDGsロゴ

JSTの取組

2015 年9月の国連総会において、17 の目標と 169 のターゲットから構成される「持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」(SDGs)が全会一致で採択されました。SDGs は、我が国を含む地球的・人類的課題を包摂して掲げた目標です。SDGsで掲げられている課題の達成は、国内的には我が国の成長戦略の軸の1つである第5期科学技術基本計画に掲げる「Society5.0」や「第四次産業革命」の実現にも密接に関係し、また国際的には途上国をはじめとした国際社会への貢献への基本理念でもあります。

国連では、SDGs の達成に向けて科学技術イノベーション(Science, Technology and Innovation: STI)がどのように貢献できるかをテーマとするフォーラムが2016年6月に初めて開催されました。SDGsの達成において、科学技術イノベーションは、私たち人類が直面している持続可能性に関する諸課題の解決や、より良い政策決定に資する科学的根拠を提供することに、強い期待が寄せられています。

SDGsの達成に科学技術イノベーションが貢献(STI for SDGs)していくためには、政府はもとより、大学、研究開発機関、NGOや企業等を含めた様々なマルチステークホルダーが連携していくことが重要です。JSTでは、シンクタンク機能、研究開発、産学連携、次世代人材育成、科学コミュニケーション等多岐に亘る機能を活かしつつ、日本におけるSDGsの活動に積極的に貢献していきます。

SDGs関連サイト

問合せ先

STI for SDGs タスクチーム メールアドレス: sti-for-sdgs[at]jst.go.jp ※[at]を「@」へ変更して送信ください。