2019年度「探索加速型」重点公募テーマ素案への意見募集

本ページの目次

画像

3月17日(日)に締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

概要

〈募集期間〉 2019年2月18日(月)~ 3月17日(日)

JSTでは、未来社会創造事業(探索加速型)を推進するにあたり、科学技術でつくりたい未来社会像、すなわち社会・産業が望む新たな価値の提案を広く募集しています。
これまでの皆様からのご意見・アイデアを踏まえて、複数の「重点公募テーマ素案」を検討してまいりました。
JSTが検討している複数の「重点公募テーマ素案」から2019年度公募の対象となる重点公募テーマを策定すべく、皆様からのご意見・アイデアを募集いたします(2019年度の新規テーマは各領域1つずつを予定)。
各テーマ素案に対して、社会・経済的インパクトをさらに拡充する新たなアイデア、テーマが対象とすべき範囲の修正・明瞭化、テーマが目指す未来社会を実現する上での障壁、そのために必要な科学技術など、多様なご意見をお寄せください。
皆様からのご意見を活用し、さらに調査を実施してより良いものへと練り上げるよう、2019年度およびそれ以降の重点公募テーマの策定作業を進めてまいります。

テーマ素案と運営統括メッセージ

運営統括メッセージの全文(全領域統合版) PDF(PDF: 462KB)

意見募集の対象領域・テーマ素案

「超スマート社会の実現」領域 前田 章 運営統括
「異種・自律システム間のリアルタイム協調制御技術」
「新しいアプローチのAI・機械学習技術」
「Cyber Physical and Human System」
「持続可能な社会の実現」領域 國枝 秀世 運営統括
「モノの寿命の解明と延伸による、壊れず使い続けられるモノづくり」
「ストレスと恒常性維持に着目した心と身体の未病マネジメント」
「科学的・客観的に効果の高い学習法の確立」
「世界一の安全・安心社会の実現」領域 田中 健一 運営統括
「日常的な健康維持管理システムの高度化」
「将来のサイバー・フィジカル・セキュリティ対策」
「地球規模課題である低炭素社会の実現」領域 橋本 和仁 運営統括
「『ゲームチェンジングテクノロジー』による低炭素社会の実現」
「共通基盤」領域 長我部 信行 運営統括
「ハイリスク・ハイインパクトで先端的な計測分析技術・機器などの開発」
「ハイスループット合成・評価技術」
「マルチモーダル・マルチスケール解析技術」
「数理モデルや解析手法の高度化」

各領域の概要、進行中のテーマ・プロジェクトの詳細はこちら

応募方法

3月17日(日)に締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

よくあるお問い合わせ PDF(PDF: 116KB)

お問い合わせ先

国立研究開発法人科学技術振興機構
未来創造研究開発推進部
TEL: 03-6272-4004 FAX: 03-6268-9412
E-mail: kaikaku_mirai[at]jst.go.jp ※[at]を"@"に置き換えてください。
※お問い合わせは原則、電子メールでお願いします。

クイックアクセス

本ページの目次