低炭素社会戦略センター

文字サイズ変更

低炭素社会の実現に向けた技術および経済・社会の定量的シナリオに基づくイノベーション政策立案のための提案書

社会システム編

太陽光発電導入量推計

LCSでは、FIT制度施行後の太陽光発電の導入状況や指定電気事業者における太陽光発電の出力制御の見通し等の動向を整理するとともに、出力抑制が太陽光発電事業者の収益性や資金調達にどの程度の影響を与えるかを評価した。
その結果、出力抑制率が 2 割を超えると、収益性や資金調達に大きな影響を与えることが分かった。また電力需要の小さい電力会社管内では、諸条件が重なった場合の出力抑制が急激かつ大きくなることが想定され、新規に太陽光発電事業を行うことはリスクが高いと考えられる。

FY2016-PP-18

改正FIT法における太陽光発電の事業性と出力抑制の影響分析(平成29年3月発行)

PDFダウンロード
(950KB)

FY2015-PP-12

太陽光発電における出力抑制が与える事業影響評価(平成28年3月発行)

FY2014-PP-13

技術発展を考慮した地域別の太陽光発電導入量推計(平成27年3月発行)

PDFダウンロード
(0.97MB)


LCS社会シナリオ一覧

LCS社会シナリオ⼀覧(平成31年4月現在)

ページの先頭に戻る