[イベント情報 - イベント]

イベント情報

イベント情報

研究活動における不正防止や研究倫理についてのシンポジウム等のご案内を掲載していています。

9月12日~13日、米国のカリアォルニアにてResponsible Conduct of Research Instruction Workshop (RCRIW)が開催されます。 未経験のRCR教育担当者に向けた、2日間にわたる講師養成ワークショップとなっています。
参加には申込みが必要です(有料)。早期申込割引は8月11日午後6時(太平洋標準時)まで。
詳細はORIのウェブサイト および UC San Diegoのウェブサイトをご覧下さい。

平成29年9月11日~17日まで、Peer Review Weekが開催されます。3回目の今年は "Transparency in Review"がテーマです。 開催場所は、インターネット上およびリアルサイト(各地の大学等)となっており、Webinar(ウェブカンファレンス)も多数予定されています。 シカゴで開催されている、8th International Congress on Peer Review and Scientific Publicationと連携しています。
詳細はPeer Review Week 2017のリンクをご覧下さい。

JST-WSチラシ なぜ、今、研究現場での研究倫理教育が必要なのでしょうか。また、どのような教育手法なら、より効果を得られるでしょうか。本ワークショップでは、国内外の研究倫理教育教材の紹介や参加者同士のグループディスカッションを通じて、研究現場に適した教育プログラムを考えます。プログラム等詳細は右のチラシをご確認ください。

日時:[東京会場]8月28日(月)10:00~17:30
   [神戸会場]9月22日(金)10:00~17:30
場所:[東京会場]大手町ファーストスクエアカンファレンス
   [神戸会場]スペースアルファ三宮
定員:各会場50名程度 参加費無料
対象:研究現場における公正な研究活動に関心のある方、
   研究機関・研究室等で研究倫理教育を担当される方
申込締切:[東京会場]8月4日(金)[神戸会場]9月1日(金) ※先着順
※[神戸会場]定員に達した為申込みを終了しました。(8月4日)
※[東京会場]盛況のうちに終了しました。多数のご参加をいただきありがとうございました。(8月28日)

平成29年9月10日~12日、米国のシカゴにて8th International Congress on Peer Review and Scientific Publicationが開催されます。詳細は当学会のウェブサイトもしくはCOPE(Committee on Publication Ethics 学術出版規範委員会)のウェブサイトをご覧下さい。

Congressと連携して、平成29年9月11日~17日に"Peer Review Week 2017"が開催されます。

日本学術振興会が作成したeラーニング教材です。

Image0

オンラインで公開中

研究倫理講習会で利用している論文不正防止に関するパンフレット(JST 作成)です。

Image1

PDF:2.4MB

研究倫理教育用の映像教材を制作しました。DVD 媒体による配布もしています。

Image2

オンラインで公開中

ページトップへ