[イベント情報 - イベント]

イベント情報

イベント情報

研究活動における不正防止や研究倫理についてのシンポジウム等のご案内を掲載しています。

2019年12月9日(月)13:00~17:20、東京都港区の建築会館ホールにて、日本工学会 技術倫理協議会 第 15 回公開シンポジウム 「これからの技術倫理 〜責任ある技術の実践と研究開発〜」が開催されます。参加費は無料(資料代は有料)で、会員外の方も参加できますが、申し込みが必要です。詳細は日本工学会のウェブサイトをご覧ください。
2019年12月7日(土)13:00~16:50および12月8日(日)9:00~12:25、東京都江東区の芝浦工業大学豊洲キャンパスにて、電気学会 教育フロンティア研究会「技術者倫理と教育一般」が開催されます。参加は無料で、会員外の方も参加でき、参加登録も不要です。詳細は電気学会のウェブサイトをご覧ください。
2019年12月3日(火)18:30~20:00、福岡県福岡市の福岡国際会議場にて、研究倫理フォーラム「研究成果発表のあるべき姿:オープンサイエンス推進の潮流」が開催されます。これは第42回日本分子生物学会年会の中で、研究倫理委員会企画として開催されるものです。参加には第42回日本分子生物学会年会の参加登録が必要となります〔有料〕。
フォーラムの詳細は日本分子生物学会のウェブサイトをご覧ください。
2019年11月30日(土)13:20~16:50、名古屋市中区の名古屋都市センターにて、日本技術士会中部本部 冬季講演会「改めて問う!! “倫理”ってなに?~技術と時代の変化の中の技術者倫理~」が開催されます。参加は有料で、会員外の方も参加できますが、申し込みが必要です。詳細は日本技術士会中部本部のウェブサイトをご覧ください。
2019年11月9日(土)及び11月30日(土)の9:00~16:45に、東京都千代田区の大手町ラーニングルームにて、日本医療研究開発機構(AMED)「研究データの質向上の指導者育成プログラム開発事業」において開発中の、非臨床研究における研究データの管理の質向上を担う研究指導者を育成するための教育研修プログラムのトライアル講習会を開催いたします。
対象は非臨床研究の研究者(指導者クラス)となっており、参加費は無料ですが、申し込みが必要です。詳細は、AMEDのウェブサイトのページ下部をご覧ください。
2019年11月29日(金)13:00~11月30日(土)16:30、東京都目黒区の東京工業大学大岡山校舎西9号館にて「第 20 回ワークショップ『技術者倫理』-技術者倫理教育の 20 年とこれからの技術者教育-」が開催されます。参加は有料で、会員外の方も参加できますが、申し込みが必要です。詳細は日本工学教育協会のウェブサイトをご覧ください。
2019年11月24日(日)12:10~12:50、島根県松江市の島根県立産業交流会館(くにびきメッセ)にて、日本語教育学会「研究倫理セミナー:研究とその指導に必須の注意事項」が開催されます。これは2019年度日本語教育学会秋季大会の中で、日本語教育学会調査研究推進委員会により開催されるものです。会員外でも参加可能ですが、秋季大会への参加登録が必須となります〔有料〕。詳細は日本語教育学会のウェブサイトをご覧ください。
2019ws_flyer
公正な研究活動を推進するためには、どのように研究倫理教育を計画・実施すればよいでしょうか。本ワークショップ(WS)では、これまでのWSで行った研究倫理教育の目標・内容・手法の検討を踏まえて、それを実践する方法と評価のあり方を考えます。
具体的には、既存の教材「THE LAB」を用いて、各機関で実施する研修会等で受講者に経験させたい具体例を自らが経験しながら、グループワーク(GW)での議論を通して、実際の実践方法を自ら考え、更に評価のあり方についても考えていただきます。

講 師 :東京工業大学 札野順 教授
     熊本高等専門学校 小林幸人 教授
プログラム(仮):
 〔午前の部〕
  ・研究倫理教育における目標と実践手法の概要~The Labを用いた教育例の紹介と体験~
  ・研究倫理教育の効果的実践手法を考える(GW)
 〔午後の部〕
  ・研究倫理教育手法とその評価方法の概要
  ・研究倫理教育手法とその評価方法を考える(GW)
お 願 い :
  ※参加申し込みの際には、必ずご本人が登録いただくようお願いいたします。
  ※過去同様に今回のワークショップでも事前ワークを行っていただきます。
   今回のワークショップでは当日のディスカッションに事前ワークの内容が必要となりますので、
   事前ワークを行っていただくことが重要となります。
   必ず取り組んでいただきますようお願いいたします。

日時場所:2019年11月22日(金)9:00~17:30(受付8:30~)(時間は予定)
     フクラシア丸の内オアゾ(最寄駅:東京駅・大手町駅)
対 象 :これまで開催した第1回から第4回のJSTワークショップのいずれかにご参加頂いた方、
     あるいは大学等の研究機関で研究倫理教育実務を3年間相当以上担当した経験のある方
定 員 :30名程度
参 加 費 :無料
申込方法:※申込受付を終了いたしました。
       
※過去のワークショップの内容について、こちらのサイトからレポート・動画でご覧いただけます。

日本学術振興会が作成したeラーニング教材です。

Image0

オンラインで公開中
2019年8月より「大学院生向け」コースが加わりました

研究倫理講習会で利用している論文不正防止に関するパンフレット(JST 作成)です。

Image1

PDF:2.4MB

研究倫理講習会で利用している研究費不正防止に関するパンフレット(JST 作成)です。

Image2

PDF:2.8MB

研究倫理教育用の映像教材を制作しました。DVD 媒体による配布もしています。 ※注意事項

Image3

オンラインで公開中

ページトップへ