【根来 誠】スケーラブル分子スピン制御技術の高度化により可能になる量子情報処理の新機能

さきがけ研究者

根来 誠
根来 誠

大阪大学
基礎工学研究科
助教

研究室ホームページ

研究概要

本研究提案では、分子中の原子核スピンや電子スピンをqubitとして用いる量子情報処理システムを、グローバルに操作し、高速に初期化する、スケーラブルな制御技術の確立を目指します。これによって、古典力学に従う既存の装置やアルゴリズムでは実現できない高度な機能の実現を目指します。具体的には、量子学習、量子時系列予測、量子ダイナミクスシミュレーション、量子ストレージ、高利得スピン増幅等の機能を実現します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望