【山下 太郎】超伝導位相制御素子によるスケーラブル量子技術

さきがけ研究者

山下 太郎
山下 太郎

情報通信研究機構
未来ICT研究所
主任研究員

研究室ホームページ

研究概要

本研究は、超伝導量子回路の大規模化における主要な技術課題に対して、超伝導スピントロニクスによる新しい位相制御手法を用いて解決し、スケーラブルな量子技術を実現することを目指します。スピンジョセフソン接合を導入した低デコヒーレンスな超伝導量子ビットと極低消費電力な超伝導信号処理回路を組み合わせることにより、真にスケーラブルかつインテリジェントな超伝導量子計算システムの実現に向けた基盤技術を創出します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望