【野口 篤史】表面弾性波を使ったエレクトロメカニクスの量子制御

さきがけ研究者

野口 篤史
野口 篤史

東京大学
先端科学技術研究センター
特任助教

研究概要

表面弾性波は固体の表面に局在化した音波であって、長い寿命と高い制御性を持っているため、センサーやデバイスとして広く活躍しています。本研究では、この表面弾性波と超伝導量子ビットとが結合した系を実現することで、量子レベルでの表面弾性波の制御や、量子極限で動く表面弾性波デバイスを開発します。さらに、表面弾性波の進行方向の自由度を用いることで新奇な表面弾性波デバイスを実現します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望