【片山 建二】変調光誘起位相差顕微鏡による光生成キャリヤ寿命・移動物性評価法

さきがけ研究者

片山 建二
片山 建二

中央大学
理工学部
教授

研究室ホームページ

研究概要

太陽電池・光触媒・人工光合成は、光を物質に照射してキャリヤ(電子とホール)を取り出すデバイスです。これらの技術には、共通して、半導体微粒子の集合体が、電極に使われています。しかし、キャリヤが欠陥にトラップされ、寿命が多様化・長寿命化し、空間的に広がるので、キャリヤ利用の道筋が明らかではありません。本研究では、半導体微粒子配列構造とキャリヤ物性の相関を明らかにできる方法を開発し、その道筋を与えます。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望