【吉田 史章】光による不随意運動疾患根治法

さきがけ研究者

吉田 史章画像

吉田 史章

九州大学
大学院医学研究院
准教授

研究概要

光操作法には、他の神経刺激法にはない、次のような優れた点があります。①治療に関連する神経細胞のみを刺激できるため、電気刺激では問題となる刺激の拡散による副作用を無くすことが可能です。②ミリ秒単位での刺激ができるため、薬によりもより短い時間の神経刺激が可能です。そのため、神経の可塑性を導ける可能性があります。これらの利点を使って、脳神経疾患治療に新たな地平を開きます。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望