【吉井 達之】光機能性小分子を基盤とした細胞内在性シグナル分子の自在な光操作

さきがけ研究者

吉井 達之画像

吉井 達之

名古屋工業大学
大学院工学研究科
助教

研究概要

本研究では、蛋白質の細胞内局在を制御する化合物にさまざまな光スイッチを導入した光機能性小分子を新規開発します。それらをゲノム編集技術と融合することで、タグ付けした内在性シグナル分子の局在をさまざまな波長や時間パターンで簡便かつ自在に光操作可能な汎用的基盤技術を構築します。これにより、従来のオプトジェネティクスのアプローチでは困難な「細胞内在性シグナル分子の自在な光操作」を実現します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望