【山吉 麻子】眠れる遺伝子機能を呼び起こす革新的光操作技術の開発

さきがけ研究者

山吉 麻子画像

山吉 麻子

京都大学
白眉センター
特定准教授

研究概要

本研究では、「眠れる遺伝子」を標的とした光操作技術を新たに提案することを目指します。「眠れる遺伝子」とは、「メチル化修飾によって発現が抑制された状態にある遺伝子」のことです。メチル化修飾を受けた標的遺伝子に対し特異的に反応する光応答性核酸を用い、遺伝子を配列特異的に「脱メチル化」する手法を開発します。さらには、この手法を駆使して新たな細胞分化制御法を構築することに挑戦します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望