【宮道 和成】比較光遺伝学: 社会行動を司る神経回路の進化

さきがけ研究者

宮道 和成画像

宮道 和成

理科学研究所
多細胞システム形成研究センター
チームリーダー

研究概要

脳の機能を詳しく調べるためには、遺伝子の発現パターンに基づいて特定のタイプのニューロンを研究する必要がありますが、マウス以外の哺乳動物ではこれまで困難でした。本研究は、動物個体の脳内でウイルスベクターによるゲノム編集を行うことで、さまざまな哺乳動物において特定のタイプのニューロンを標的とした光遺伝学を可能とします。これを用いて、社会行動を司る視床下部の神経回路の機能について比較解析します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望