【三上 秀治】生命活動をリアルタイムに追跡する超高速3D蛍光顕微鏡

さきがけ研究者

三上 秀治画像

三上 秀治

東京大学
大学院理学系研究科
助教

研究概要

従来よりも数10倍高速な、1,000ボリューム/秒の超高速3D蛍光顕微鏡技術を開発する。これにより、活動する生物をリアルタイムかつ正確に記録し、神経活動をはじめとする様々な生命活動の組織・細胞レベルでの理解に貢献する。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望