【佐々木 拓哉】末梢光変調による精神機能調節の解明

さきがけ研究者

佐々木 拓哉画像

佐々木 拓哉

東京大学
大学院薬学系研究科
助教

研究概要

生物の精神機能の中枢は脳ですが、生命システムには、末梢活動が精神機能を制御する潜在的な仕組みも多数存在します。しかし、その生理学的な意義はほとんど未解明です。この課題に挑むために、本研究では、末梢部位の活動を正確に制御する光操作法を開発します。新しい末梢光操作法と全身計測法を融合することで、末梢中枢連関の問題に挑み、精神機能調節における末梢活動の位置付けや因果関係を検証します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望