【近藤 邦生】新規ウイルスによる光神経回路解析法を用いた摂食神経回路の解明

さきがけ研究者

近藤 邦生画像

近藤 邦生

自然科学研究機構
生理学研究所
助教

研究概要

経シナプス性ウイルストレーサーは、神経回路の構成を解析することができる強力な実験手法です。本研究では、光による神経活動の操作・解析を行うことができる、新しい経シナプス性ウイルストレーサーを開発します。それにより、神経回路単位での活性状態の変化を解析できる方法を確立します。さらにこの方法を用いて、摂食に関わる神経回路の機能を明らかにします。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望