【田中 雅明】強磁性量子ヘテロ構造による物性機能の創出と不揮発・低消費電力スピンデバイスへの応用

研究代表者

研究代表者画像

田中 雅明

東京大学
大学院工学系研究科
教授

研究概要

従来の半導体デバイスや集積回路では持ち得なかった「不揮発性」「低消費電力」「再構成可能性」「情報処理の柔軟性」「非相反性」の機能をもつ材料とデバイスを創製します。半導体材料、量子ヘテロ構造・ナノ構造、デバイス構造中に磁性元素や強磁性材料を取込み、量子サイズ効果、トンネル効果、電荷とスピン輸送、スピン状態を制御することにより新機能材料を設計・作製し、不揮発・低消費電力スピンデバイスへ応用します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望