【田中 歌子】オンチップ・イオントラップによる量子システム集積化

研究代表者

研究代表者画像

田中 歌子

大阪大学
大学院基礎工学研究科
講師

研究概要

イオントラップは特殊な電極を用いて気体原子イオンを空中に長時間捕獲する技術で、原子イオンの高度な量子状態操作を可能にします。本研究では、電極に微細加工技術を取り入れてオンチップ化することで量子システムを集積化し、光通信や各種計測技術の向上に貢献する高性能な光クロックを開発します。またオンチップ化によって初めて実現できる多様なイオン配列を利用し、超放射レーザーなどの新奇な物理系の創出を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望