【齊藤 志郎】超伝導量子ビットを用いた極限量子センシング

研究代表者

研究代表者画像

齊藤 志郎

日本電信電話株式会社
NTT物性科学基礎研究所
グループリーダ

研究概要

本研究では、量子状態制御技術の新しい応用として期待されている量子センシングに、操作性・拡張性に優れた超伝導磁束量子ビットを活用する。まず、超伝導磁束量子ビットを長寿命化し、単一電子スピン感度を有する局所電子スピン共鳴の実現を目指す。次に、超伝導磁束量子ビット、あるいは、電子スピン集団とのハイブリッド素子を用い、古典限界を超えた高感度・高分解能な量子センサを実現する。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望