【神成 文彦】波長分割多重プログラマブル大規模量子シミュレータ

研究代表者

研究代表者画像

神成 文彦

慶應義塾大学
理工学部
教授

研究概要

フェムト秒レーザーパルスの広帯域なスペクトル特性を、並列に利用できる周波数モードリソースと捉え、波形整形制御を用いることで、単一光パルス内に並列生成できるスクイーズドモード間の量子干渉をプログラムします。スクイーズド周波数モードの任意の量子相関を多段和周波発生によって時系列的に実現し、光子数測定を行うことで、周波数域での大規模で複雑な量子干渉を用いた今までにない新しい量子シミュレータの構築を行います。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望