【青木 隆朗】スケーラブルな光学的量子計算に向けた超低損失ナノファイバー共振器QED系の開発

研究代表者

研究代表者画像

青木 隆朗

早稲田大学
理工学術院
教授

研究概要

光子を用いたスケーラブルな量子計算(誤り耐性量子計算)の実装を可能にする超低損失ナノファイバー共振器を開発するとともに、光学的量子計算の要素技術をナノファイバー共振器QED系で実現する。また、このアプローチにおける各要素技術、および、それらを組み合わせて構築される誤り耐性量子計算のアーキテクチャ全体の最適化に関して理論的研究を推進する。これにより、スケーラブルな光学的量子計算の実装への道を拓く。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望