【高田 彰二】高速原子間力顕微鏡1分子計測のデータ同化による生体分子4次元構造解析法の開発

研究代表者

研究代表者画像

高田 彰二

京都大学
大学院理学研究科
教授

研究概要

高速原子間力顕微鏡 (高速AFM) は、わが国で開発され、単一のタンパク質やDNA分子の3次元構造の経時変化(4次元構造)を観察できる唯一の計測技術です。中程度の分解能をもつ高速AFM計測から高精度情報を得るために情報科学との融合研究が必要です。本研究は、データ同化と分子シミュレーション法によって、高速AFM計測からの生体分子の高精度4次元構造解析法を開発し、それを応用して創薬開発に貢献します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望