【岡田 真人】ベイズ推論とスパースモデリングによる計測と情報の融合

研究代表者

研究代表者画像

岡田 真人
大学院新領域創成科学研究科

東京大学
教授

研究概要

計測科学にベイズ推論を導入するベイズ計測の枠組みを提案します。ベイズ計測を用いると、計測限界の定量的な評価や、異なる計測手法によるデータの統合などを行うことができます。これにより、S/N比が低くノイズに埋もれたシグナルの顕在化・高精度解析、直接計測が困難な物理量の抽出、汎用ラボ用の測定機器を用いた高度な計測、大型研究施設のマシンタイムの効率化、世界最高水準の先端計測技術のインパクトの最大化などに必要な、情報数理基盤を構築します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望