【渡邉 大】自由行動下での神経情報操作・解読技術の開発と意思決定の神経基盤解明への応用

研究代表者

研究代表者画像

渡邉 大

京都大学
大学院医学研究科
教授

研究概要

脳は極めて多様な神経細胞から構成されており、また個々の細胞特性は適応的・可塑的に変化します。このように不均一かつダイナミックに変化する細胞集団により実現される脳機能を理解するために、単一細胞の精度をもつ多機能イメージングと高精度の光操作を可能とする内視顕微鏡技術を開発します。さらに低侵襲かつ脳深部にアクセス可能な本技術を駆使して、自由行動下での意思決定の神経基盤の解明にチャレンジします。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望