戦略的研究推進事業CRESTにおけるフランスANRとの日仏共同提案募集のご案内

2019年2月18日

科学技術振興機構(JST)は日仏の科学研究における協力促進を目的に、2017年12月にフランスのANR(国立研究機構)と協力枠組み合意を締結しました。この合意に基づき、CRESTの枠組みの中で、日仏研究者による日仏共同研究プロジェクトの支援を行うこととしました。

2019年度のCRESTの提案募集では、以下の2研究領域で通常の研究提案に加えて、日仏共同研究グループによる共同研究提案を募集します。

人間と情報環境の共生インタラクション基盤技術の創出と展開(CREST)
Society5.0を支える革新的コンピューティング技術(CREST)

CRESTにおける選考では、日仏共同研究提案と通常の研究提案とを分けずに審査します。どちらか一方が有利になることはありません。採択後も通常のCREST課題と同様に研究を推進します。 応募にあたっては、CREST募集要項および各研究領域の「研究領域の概要」、「募集・選考・研究領域運営にあたっての総括の方針」をご覧ください。

「研究領域の概要」、「募集・選考・研究領域運営にあたっての総括の方針」
 人間と情報環境の共生インタラクション基盤技術の創出と展開(CREST)
 Society5.0を支える革新的コンピューティング技術(CREST)

応募・選考の流れ

  1. 日仏の研究代表者で1つの共同研究提案書(英語、CREST-ANR共通書式)を作成する。
     ・共通提案書様式[word]
     ・記入要領[word]
  2. 仏側研究代表者がANRへ提案を申請する。
  3. 日本側研究代表者がJST(CREST)へ提案を申請する。
  4. ANRとJSTが各々提案の審査を行った後、両機関で協議の上採択を決定。
  5. 研究開始<2019年10月以降>

日仏共同研究提案に関わる留意事項

重要

JSTでは、競争的資金による公募型事業につきまして、2015年度新規提案募集より、「申請する研究者等は所属機関において研究倫理教育の講習を修了していること」を申請条件と致しましたのでご注意ください。
詳細は「研究倫理教育に関するプログラムの受講について」ページをご覧下さい。

JST研究倫理ホームページ