情報と未来

戦略目標

「急速に高度化・複雑化が進む人工知能基盤技術を用いて多種膨大な情報の利活用を可能とする統合化技術の創出」
「人間と機械の創造的協働を実現する知的情報処理技術の開発」
「分野を超えたビッグデータ利活用により新たな知識や洞察を得るための革新的な情報技術及びそれらを支える数理的手法の創出・高度化・体系化」

研究総括

後藤 真孝

後藤 真孝 (産業技術総合研究所 情報技術研究部門 首席研究員)

概要

 情報学とそれに基づく技術開発の目覚ましい進展は、これまでに学術・産業・社会・文化的に新たな価値を生み続けてきましたが、今後も未来社会を創造する中心的技術として、その重要性がより一層高まっています。既に情報学・情報技術は、あらゆる学術分野の進展や、産業・経済の持続発展、物理空間・情報空間が融合した社会基盤の高度化、健康で文化的な生活の質の向上等において、本質的な役割を果たしています。そのため、情報学における独創的な研究開発を推進して、人類が現在および未来において直面する問題を解決しつつ新たな価値を創造することは、人類の未来を切り拓き、人類が持続発展していく上で不可欠です。
 本研究領域では、情報学における研究開発によって未来を切り拓く気概を持つ若手研究者を支援するとともに、新しい価値の創造につながる研究開発を推進します。具体的には、人工知能、ビッグデータ、IoT、サイバーセキュリティ等を含む、情報学に関わる幅広い専門分野において、新しい発想に基づいた挑戦的な研究構想を求めます。今後の学術・産業・社会・文化を変えていくような多種多様な研究開発を、独創的な発想によっていかに推進するかが重要だと考えています。
 研究推進においては、未来開拓型の研究開発、価値創造型の研究開発を募り、本研究領域で若手研究者同士がお互いに切磋琢磨し相互触発する場を設けることで、未来社会に貢献する先端研究を推進する研究人材の育成や、将来の連携につながる研究者のヒューマンネットワーク構築を促していきます。それによって、ひときわ輝き存在感のある研究者がより一層増え、ひいてはより良い未来社会が切り拓かれることを期待します。
 なお、本研究領域は文部科学省の人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティ統合プロジェクト(AIPプロジェクト)の一環として運営していきます。

領域アドバイザー

五十嵐 健夫 東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授
井上 大介 情報通信研究機構 サイバーセキュリティ研究所 室長
内田 誠一 九州大学 大学院システム情報科学研究院 教授
尾形 哲也 早稲田大学 理工学術院 教授
川原 圭博 東京大学 大学院情報理工学系研究科 准教授
河原林 健一 国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 教授
千葉 滋 東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授
土井 美和子 情報通信研究機構 監事
中小路 久美代 京都大学 学際融合教育研究推進センター 特定教授
原 隆浩 大阪大学 大学院情報科学研究科 教授
松尾 豊 東京大学 大学院工学系研究科 特任准教授
湊 真一 北海道大学 大学院情報科学研究科 教授
(五十音順)

研究者

採択
年度
氏名 所属 課題名




28

青木 裕一 東北大学
東北メディカル・メガバンク機構
助教
遺伝子相互作用の高精度モデリングに向けたペアワイズ深層学習モデルの開発
荒瀬 由紀 大阪大学
大学院情報科学研究科
准教授
マルチモダリティを可能にするテキストのベクトル化技術の創出
飯塚 里志 早稲田大学
理工学術院
研究院助教
多層ニューラルネットワークモデルを用いた大規模学習による歴史的映像コンテンツの自動修復手法の開発
石黒 祥生 名古屋大学
未来社会創造機構
特任准教授
現実環境仮想化による自動運転インタラクションシステムの研究
井上 中順 東京工業大学
情報理工学院
助教
マルチメディアデータから新しい概念を発見する高階モデル学習
今倉 暁 筑波大学
システム情報系
助教
非線形非負行列分解を用いたディープニューラルネットワーク計算手法の開発
内山 彰 大阪大学
大学院情報科学研究科
助教
バッテリレスセンサの分散協調によるSustainable IoT基盤開発
浦西 友樹 大阪大学
サイバーメディアセンター
准教授
計算機視覚のための構造色物体の形状と光学現象モデルの計測
小田 昌宏 名古屋大学
大学院情報学研究科
助教
大腸変形モデルを用いた大腸内視鏡下治療誘導システムの開発
久保 勇貴 筑波大学
大学院システム情報工学研究科
大学院生
超小型端末を利用したメタファに基づく操作手法
黒木 菜保子 お茶の水女子大学
大学院人間文化創成科学研究科
大学院生
CO2フリー社会実現のための物理化学と情報科学の融合
小林 亮太 情報・システム研究機構
国立情報学研究所
助教
時系列データの自動解析技術の実現
シモセラ
エドガー
早稲田大学
理工学術院
研究院助教
Interactive AI-Aided Content Creation using Deep Unsupervised Learning
鈴木 久美子 国際航業株式会社
調査研究開発部
研究員
マルチモーダル学習による地球観測データを用いた森林構造の把握
曽我部 舞奈 京都大学
大学院医学研究科
大学院生
スパースモデリングを用いた生体内ライブイメージング技術の限界突破
高木 信二 情報・システム研究機構
国立情報学研究所
特任助教
あらゆる声を対象としたテキスト音声合成フレームワーク
千葉 直也 東北大学
大学院情報科学研究科
大学院生
プロジェクタ・カメラ間の輝度伝達行列の推定に基づく三次元計測法
鄭 銀強 情報・システム研究機構
国立情報学研究所
助教
Developing a Multispectral RGB-D Camera for 3D Video Capture of Underwater Scenes
寺山 慧 東京大学
大学院新領域創成科学研究科
特任研究員
カメラ・ソナー情報統合によるクロマグロ養殖支援技術の開発
中島 一崇 東京大学
大学院情報理工学系研究科
大学院生
実際の造型過程を考慮した形状最適化
馬場 雪乃 京都大学
大学院情報学研究科
助教
信頼性の高い相互評価システム実現のための機械学習法の開発
原 祐子 東京工業大学
工学院
准教授
大量ストリームデータのリアルタイム処理に向けた柔軟なアーキテクチャ探索と設計環境構築
舟洞 佑記 名古屋大学
大学院工学研究科
助教
次世代着衣型アシストシステムのための機構と制御の相補的検討
松井 勇佑 情報・システム研究機構
国立情報学研究所
特任研究員
圧縮線形代数:データ圧縮による省メモリ高速大規模行列演算
森前 智行 群馬大学
大学院理工学府
准教授
古典検証者によるセキュアクラウド量子コンピューティング
矢内 直人 大阪大学
大学院情報科学研究科
助教
暗号学的期待値分布に基づくソースコードレベルでの汎用的脆弱性検証手法
山口 勇太郎 大阪大学
大学院情報科学研究科
助教
グラフでの詰め込み問題におけるマトロイド性の限界の追究
山本 和彦 東京大学
大学院情報理工学系研究科
大学院生
機械学習による3D音響用頭部伝達関数の特定ユーザへの最適化
米谷 竜 東京大学
生産技術研究所
助教
プライバシー保護一人称ビジョン
若宮 翔子 奈良先端科学技術大学院大学
研究推進機構
博士研究員
時空間×意味ギャップ解消による大規模ソーシャルメディアの医療応用に関する研究

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望