科学技術振興機構ホーム 研究振興支援業務室HOME

公募情報(審査結果)

文部科学省「元素戦略プロジェクト」及び経済産業省「希少金属代替材料開発プロジェクト」研究開発課題の採択について

公募期間: 2007年3月1日〜2007年4月16日
公募分野: 元素戦略プロジェクト

 文部科学省と経済産業省は、平成19年度よりそれぞれ「元素戦略プロジェクト」及び「希少金属代替材料開発プロジェクト」を開始します。
 このたび、審査を経て、両プロジェクトの研究開発課題を採択しましたので、その結果をお知らせします。

1.「元素戦略プロジェクト」及び「希少金属代替材料開発プロジェクト」について

1 「元素戦略プロジェクト」(文部科学省実施事業)
 物質・材料を構成し、その機能・特性を決定する元素の役割・性格を研究し、物質・材料の機能・特性の発現機構を明らかにすることで、希少元素や有害元素を使うことなく、高い機能をもった物質・材料を開発することを目的とします。
 具体的には、(ア)豊富で無害な元素による代替材料の研究、(イ)戦略元素の有効機能の高度活用、(ウ)元素有効利用のための実用材料設計技術、という研究の切り口が考えられます。
 このプロジェクトにおいては、5年の研究期間の終了後に、実用化に向けた研究段階に移行することを目標として、基礎的・基盤的な研究を推進することとします。
 このため、研究成果は高い目標を掲げることとし、完全代替技術の開発や使用量の大幅低減などを目指すことを原則とします。

2「希少金属代替材料開発プロジェクト」(経済産業省実施事業)
 インジウム、ディスプロシウム、タングステン等の希少金属については、これからの成長分野である情報家電、ロボット、電池等の新たな産業分野の拡大により需要が増大する見込みです。しかし、 一般的に特定産出国への依存度が高いこのような希少金属については、市場メカニズムが必ずしもうまく機能しない可能性を有し、その供給リスクは経済成長の制約要因となり得ます。そこで、本プロジェクトでは、非鉄金属資源の安定供給確保に向けた戦略の一部として代替/使用量低減技術を開発します。
 具体的には、1 透明電極向けインジウム、2 希土類磁石向けディスプロシウム、3 超硬工具向けタングステンを対象として、5年後の実用化を目途に研究を実施します。

2.審査の過程
 「元素戦略プロジェクト」及び「希少金属代替材料開発プロジェクト」については、基礎から実用化まで展開できる支援体制を確立し、効果的な研究開発を実施するため、両省が連携して事業を行います。公募についても両省連携の下で実施しました。

公募期間(両省共通) 平成19年3月1日(木)〜4月16日(月)
両省合同公募説明会 平成19年3月15日(木)

 公募締切時点で、「元素戦略プロジェクト」に54件、「希少金属代替材料開発プロジェクト」に10件の提案がありました。その後、両省において、応募先とは別のプロジェクトでの審査が相応しいと考えられるものについて意向を打診したところ、当初「元素戦略プロジェクト」に提案のあった1件が「希少金属代替材料開発プロジェクト」へ再提案されました。

3.審査・採択結果

1 元素戦略プロジェクト
 外部有識者からなる審査検討会において、1次審査で書面審査を実施し、2次審査でヒアリング審査を行いました。
 その結果、別紙1のとおり7件を採択しました。
 なお、応募・採択の状況及び審査検討会委員は以下の通りです。

【応募・採択の状況】
応募件数:53件
ヒアリング実施件数:15件
採択件数: 7件
【審査検討会委員】

 射場 英紀 トヨタ自動車株式会社技術統括部主査・担当部長

 馬越 佑吉 大阪大学理事・副学長

 高尾 正敏 松下電器産業株式会社総括担当参事

 玉尾 皓平 独立行政法人理化学研究所フロンティア研究システム長
主査 細野 秀雄 東京工業大学フロンティア創造共同研究センター教授

 前田 正史 東京大学生産技術研究所所長・教授

 村井 眞二 大阪大学名誉教授/独立行政法人科学技術振興機構特任フェロー

2 希少金属代替材料開発プロジェクト
 外部有識者からなる技術審査委員会の評価を踏まえ厳正な審査を行った結果、
 別紙2のとおり7件を採択しました。
 なお、応募・採択の状況及び技術審査委員は以下の通りです。

【応募・採択の状況】
応募件数:11件
ヒアリング実施件数:11件
採択件数: 7件
【技術審査委員(敬称略、五十音順、平成19年5月28日時点)】
安達 毅東京大学 環境安全研究センター准教授
五十嵐 伸吾九州大学大学院 准教授 ベンチャービジネスラボラトリー次長
馬越 佑吉大阪大学 理事・副学長
金丸 盛宣株式会社神戸製鋼所 技術開発本部開発企画部 企画担当部長
北川 雅俊松下電器産業株式会社 パナソニックAVCネットワークス社 映像・ディスプレイデバイス事業グループ PDPデバイスビジネスユニット 先行開発担当参事
近藤 敏(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 金属資源開発支援本部 金属資源開発調査企画グループ グループリーダー
前田 正史東京大学 生産技術研究所 所長
町田 憲一大阪大学 先端科学イノベーションセンター 先端科学技術
インキュベーション部門 教授
松尾 伸也大阪大学大学院 工学研究科マテリアル生産科学専攻
マテリアル科学コース 教授
御園 一郎超硬工具協会 専務理事

(問い合わせ先)
■文部科学省実施事業「元素戦略プロジェクト」
 文部科学省 研究振興局 基礎基盤研究課
  ナノテクノロジー・材料開発推進室 下岡、阿部
  電話:03−6734−4100(直通)
■経済産業省実施事業「希少金属代替材料開発プロジェクト」
 経済産業省 産業技術環境局 研究開発課 池上、小柳
  電話:03−3501−9221(直通)
       製造産業局 非鉄金属課 渡辺、大江
  電話:03−3501−1794(直通)