科学技術振興機構ホーム 研究振興支援業務室HOME

公募情報(審査結果)

平成19年度「橋渡し研究支援推進プログラム」の実施機関等の決定について

プロジェクト名: 橋渡し研究支援推進プログラム
公募期間: 2007年3月22日〜2007年4月19日

 文部科学省では、ライフサイエンス分野の基礎研究の成果を実際の医療に活用するための橋渡しをする研究を推進するため「橋渡し研究支援推進プログラム」の実施機関等の公募を行いました。このたび、所要の審査を経て、実施機関等を決定しましたので審査結果を発表します。

1.本事業の目的
 「橋渡し研究支援推進プログラム」は、医療としての実用化が見込まれる有望な基礎研究の成果を開発している研究機関を対象に、シーズの開発戦略策定や、薬事法に基づく試験物製造のような橋渡し研究の支援を行う機関を拠点的に整備するとともに、これら拠点の整備状況を把握し、拠点間のネットワーク形成などによりサポートする体制を整備することを目的としています。

 本事業は、橋渡し研究支援機関の機能強化、橋渡し研究支援を行うための人材の確保・登用・育成や橋渡し研究支援を担う「橋渡し研究支援推進プログラム実施機関」と橋渡し研究支援機関の活動・連携の促進を担う「実施機関をサポートする機関」にて実施します。

2.決定までの経緯
(1)公募
平成19年3月22日(木)〜4月19日(木)の期間、公募を実施しました。
(橋渡し研究支援推進プログラム実施機関 23件 実施機関をサポートする機関 3件)
(2)書面審査
平成19年5月21日(月)に外部有識者等からなる評価委員会(「橋渡し研究支援推進プログラム評価委員会」(別紙1))において書面審査を実施しました。
(3)面接審査
平成19年6月15日(金)に上記評価委員会において面接審査を実施しました。

3.決定した実施機関等
 上記の手続きにより別紙2に掲げる実施機関等を決定しました。

4.今後の予定
 速やかに決定された実施機関等と委託契約を締結し、事業を開始する予定です。

問合せ先
 文部科学省 研究振興局 ライフサイエンス課
 担当:海老名、石塚 電話:03-6734-4106(直通)