独創的シーズ展開事業 委託開発
科学技術振興機構独創的シーズ展開事業 委託開発委託開発の実績開発成果事例 > 発光ダイオード(GaAlAs)の連続製造技術
HOME
お知らせ
委託開発の実績
委託開発の概要
公募要領
企業の方へ
大学・研究機関の方へ
お問い合わせ
JSTHOME
委託開発の実績
開発成果事例
  電子・情報・機械関係
委託開発課題名 発光ダイオード(GaAlAs)の連続製造技術
研究者 西澤潤一(財団法人半導体研究振興会)、須藤健(東北大学)
委託開発企業 スタンレー電気株式会社
開発期間 昭和47年10月〜昭和51年4月
委託開発費 2億円
概要 GaAsP、GaPの赤色発光ダイオードが使われ始めたが、結晶欠陥が多く発光効率が低い、生産性が低いといった問題があった。
本技術は、GaAs基板に結晶格子間隔が近いGaAlAsを連続して多層に液相成長させ、高輝度発光ダイオードを製造するものである。本技術により結晶欠陥が減少したため発光効率が上がり、消費電力が従来の数分の1になった。また連続製造を行えるため生産性も向上し、低コスト化も可能となった。
用途・利用分野 電光掲示板、家庭電化製品の表示素子、自動車等に利用されている。
(参考資料)
ディスプレーへの適用例
ダイオード発光の様子 自動車のテールランプへの適用例
back index next
Copyright 2005 Japan Science and Technology Agency.
科学技術振興機構 委託開発HOME