研究者のための+αシリーズ Vol.3
オンラインセミナー(終了)

本イベントは終了いたしました。多くのお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。


(以下は、ご参考までに参加募集時のご案内です。)

「世界で活躍できる研究者育成プログラム総合支援事業」では、このたび研究者の成長支援にむけた「研究者のための+αシリーズ」を随時開催いたします。参加費無料ですので、皆様お誘いあわせのうえ奮ってお申し込みください。

タイトル

The Benefits of Professional and Career Development for Researchers—研究者のポテンシャルを映し出すRDF—

開催日時

2021年2月1日(月) 16:00~18:00

趣旨

本ウェビナーでは、Researcher Development(=研究者の成長)にとって、キャリアステージに伴うスキルレベルを客観的に見つめることがいかにメリットをもたらすかを考えていきます。そのために、うまくキャリアを積んできた研究者の知識、行動、コンピテンシーとはどういったものかを、英国の研究者育成プログラムVitaeにより構築された研究者の能力指標Researcher Development Framework(RDF)を活用しながら分析します。また、スーパーバイザーが研究者の優れたポテンシャルを引き上げる方法として、これらの自己内省支援がいかに有効かを解説します。

トピックス

  • The benefits of professional and career development for researchers
  • The Vitae approach to researcher development
  • In-depth exploration of the Vitae researcher
  • Development Framework (RDF)
  • How academic supervisors can support researchers to become better researchers through self-reflection
  • Evaluating the impact of researcher development
  • Q & A session

講師

Dr. Janet Metcalfe(The Head of Vitae)

英国で50年以上前から取り組まれている研究者職能開発の系統を受け継ぎ、2000年初めに体系化されたプログラム「Vitae」を主導している。研究者のキャリア向上にむけた取組を展開し、20カ国200以上もの大学研究機関への普及に貢献している。その功績により2019年7月に大英帝国勲章(OBE)を受勲した。

開催方法

Zoom Webinarによる開催
※参加費は無料です。
※日本語と英語で視聴いただけます。
※Zoomに関する情報は、お申し込みの方に、2021年1月29日(金)までにメールにてお知らせいたします。

対象

  • 研究者(研究キャリアや専門分野は問いません)、研究者を目指している大学院生、研究者育成に関心のある大学・研究機関・企業の関係者など
  • 先着順で1,000名程度まで

お申し込み

下記のフォームよりお申し込みください。お申し込みが完了しますと、受付メールが自動送信されます。
申込締切:2021年1月27日(水)正午

参加お申し込みフォーム

※定員に達し次第締め切ります。

ご参加方法

1.Zoomのご利用

以下のいずれかの方法でZoomでご参加ください。
必要なURL、ミーティングIDやパスコードは、後日メールにてご連絡いたします。

■アプリからの参加
事前にZoomアプリをダウンロードページからインストールください。

■ブラウザからの参加
Zoomアプリをご利用できない場合には、ブラウザからでもご参加いただけます。ブラウザをご利用の場合には、こちらのページからZoomアカウントのご作成をお願いいたします。

2.注意事項

■既にZoomアプリをインストールしている方もアプリのバージョンアップ、または最新版のアプリの再インストールをお願いします。アプリのバージョンが古い場合、アクセスできない場合があります。

■推奨環境については、こちらのページをご確認ください。

■視聴端末・ネットワーク設定の事前確認(Zoomのテストミーティング)を推奨いたします。

■当日は安定した通信環境にてご参加ください。参加者側の通信環境および視聴端末・ネットワーク設定等によりご参加いただけない場合、JSTは対応致しかねます。また、Zoomのご利用に関して参加者にいかなる不都合が生じた場合も、JSTは一切責任を負いません。

本件についてのお問い合わせ先

科学技術振興機構 (JST)
科学技術イノベーション人材育成部
世界で活躍できる研究者育成プログラム総合支援事業 事務局
E-mail:

pagetop