JST > 戦略的創造研究推進事業 > ERATO
ERATO
Exploratory Research for Advanced Technology 
戦略的創造研究推進事業(総括実施型研究)
創造科学犠実推進事業
TOP お問い合わせ サイトマップ English
HOME ERATOとは 研究プロジェクト 中間・事後評価 募集について
HOME > 研究プロジェクト > 終了プロジェクト > 野依分子触媒プロジェクト > 研究成果集 > 実用的水素移動型不斉還元反応
研究成果集

実用的水素移動型不斉還元反応

ケトンおよびイミン類の水素移動型不斉還元反応による光学活性アルコールおよびアミンの簡便な製造法の開発

研究成果の概要

光学活性1,2-ジアミン誘導体を配位子とするアレーンルテニウム(II)錯体が2-プロパノールやギ酸を水素源とするケトン類やイミン類から光学活性アルコールやアミンへの高選択的不斉還元の触媒として高活性を示す。

成果展開可能なシーズ、用途等
  1. 水素ガスを用いない高効率還元技術
  2. 光学活性アルコール及び光学活性アミン化合物の簡便な合成技術
  3. 光学活性アルコールやアミン化合物は医農薬中間体あるいは機能性物質の鍵原料として重要な化合物である。
    図1図2図3図4図5図6図7
特許出願
  1. 光学活性アルコール類の製造方法
    特願:平7-318303
    出願人:科学技術振興事業団、碇屋 隆雄、竹原 潤、橋口 昌平
    請求の概要:ルテニウム-アレーン錯体と光学活性ジアミンと塩基の三成分系触媒を用いた安定な有機化合物を水素源とするケトン類の不斉還元反応による実用的光学活性アルコール類の製造方法。

  2. 光学活性アミン類の製造方法
    特願:平7-318304
    出願人:科学技術振興事業団、碇屋 隆雄、植松 信之、橋口 昌平
    請求の概要:ギ酸を水素源とする不斉ルテニウム錯体触媒を用いたイミン類の不斉還元反応による光学活性アミン化合物の製造方法。

  3. ルテニウム-ジアミン錯体及びこれを触媒とする光学活性アルコール類の製造方法
    特願:申請中
    出願人:科学技術振興事業団、碇屋 隆雄、松村 和彦、橋口 昌平
    請求の概要:光学活性ルテニウムのアレーン錯体の合成とそれを触媒とする光学活性2級アルコールの製造方法。
《外国出願》

申請中

報告書他

  1. Shohei Hashiguchi, Akio Fujii, Jun Takehara, Takao Ikariya, and Ryoji Noyori
    Asymmetric Transfer Hydrogenation of Aromatic Ketones Catalyzed by Chiral Ruthenium(II) Complexes
    Journal of the American Chemical Society, Vol.117, No. , pp.7562-7563(1995)

  2. Jun Takehara, Shohei Hashiguchi, Akio Fujii, Shin-ichi Inoue, Takao Ikariya, and Ryoji Noyori
    Amino alcohol effects on the ruthenium(II)-catalysed asymmetric transfer hydrogenation of ketones in propan-2-ol
    Journal of the Chemical Society, Chemical Communications, pp.233-234, 1996

  3. Akio Fujii, Shohei Hashiguchi, Nobuyuki Uematsu, Takao Ikariya, and Ryoji Noyori
    Ruthenium(II)-Catalyzed Asymmetric Transfer Hydrogenation of Ketones Using a Formic Acid-Triethylamine Mixture
    Journal of the American Chemical Society, Vol.118, No.10, pp.2521-2522(1995)

  4. Nobuyuki Uematsu, Akio Fujii, Shohei Hashiguchi, Takao Ikariya, and Ryoji Noyori
    Asymmetric Transfer Hydrogenation of Imines
    Journal of the American Chemical Society, Vol.118, No.20, pp.4916-4917(1996)

  5. Jing-Xing Gao, Takao Ikariya, and Ryoji Noyori
    A Ruthenium(II) Complex with a C2-Symmetric Diphosphine/Diamine Tetradentate Ligand for Asymmetric Transfer Hydrogenation of Aromatic Ketones
    Organometallics, Vol.15, No.4, pp.1087-1089(1996)

  6. 橋口 昌平、藤井 章雄、野依 良治
    金属錯体触媒を用いるオレフィンおよびケトン類の水素移動型不斉還元反応
    有機合成化学協会誌、第54巻第10号、pp.818-828(1996)

  7. 橋口 昌平、植松 信之、野依 良治
    イミン類の不斉還元反応
    有機合成化学協会誌、投稿中

  8. Karl-Josef Haack, Shohei Hashiguchi, Akio Fujii, T.Ikariya,and R.Noyori
    The Catalyst Precursor, Catlyst, and Intermediate in the Ruthenium(II)-Promoted Asymmetric Hydrogen Transfer between Alcohols and Ketones
    Angewandte Chemie,印刷中

  9. Shohei Hashiguchi, Akio Fujii, Karl-Josef Haack, Kazuhiko Matsumura, Takao Ikariya, and Ryoji Noyori
    Kinetic Resolition of Racemic Secondary Alcohols by Ruthenium(II)-Catalyzed Transfer Hydrogenation
    Angewandte Chemie
    ,印刷中

  10. Ryoji Noyori and Shohei Hashiguchi
    Asymmetric Transfer Hydrogenation Catalyzed by Chiral Ruthenium Complexs
    Accounts of Chemical Research,投稿中

〔研究者名〕橋口 昌平、竹原 潤、藤井 章雄、植松 信之、松村 和彦、清藤 信夫、カール・ハック、碇屋 隆雄

図1 不斉ルテニウム錯体触媒によるケトン類の不斉還元反応

図2 不斉ルテニウム錯体触媒によるケトン類の不斉還元反応の例

図3 不斉ルテニウム錯体触媒によるギ酸を用いた不斉還元反応

図4 (S,S)-diamine-ルテニウム錯体触媒によるギ酸を用いた不斉還元反応の例

図5 不斉ルテニウム錯体触媒によるギ酸を用いたイミン類の不斉還元反応

図6 不斉還元反応を活用したイソキリノンアルカロイド類の合成例

図7 ルテニウム錯体触媒によるケトン-アルコール間の水素移動反応


 
独立行政法人
科学技術振興機構 過去のお知らせはこちら ERATO
Exploratory Research for Advanced Technology 
戦略的創造研究推進事業(総括実施型研究)
創造科学技術推進事業 ERATO