English

出展内容

キーノートセッションでは、SDGs達成の先にどのような社会を見るか、ゴールとなる人類の幸福はどのようなものかに立ち返りながら、これからの日本の研究開発や産業はどのような価値を提供していくのかを探ります。人間機能を拡張するような新たな科学技術は社会とどのように協調していくのか、社会課題の解決を目指す科学技術イノベーションの挑戦とはどのようなものか、また、ムーンショットと共創的なオープンイノベーションへの挑戦の現状について議論し、未来の幸福に向けてこれからの科学技術に求められること、またステークホルダーに必要な協働を具体的に見出します。

出展者 科学技術振興機構
開催日 11/9(金)14:45-16:15
会場 7階 未来館
形式 セッション
URL  
備考  

【事前申込み枠の定員】300名
【来場者の当日申込み】先着順

タイムテーブル:

11月9 日(金)
14:45 趣旨説明
14:50 講演者による話題提供
15:20 パネルディスカッション、会場との質疑
16:05 まとめ
16:15 終了

登壇者の紹介

科学技術のグランドチャレンジと「共創」の重要性を象徴する基調講演に続き、キーノートセッションでは、SDGs達成の先にどのような社会を見るか、ゴールとなる人類の幸福をデザインするために、これからの日本の研究開発や産業はどのような価値を提供していくのかをパネリストと共に探ります。

<パネリスト>

キーノートセッション

小松太郎
上智大学総合人間科学部教授,グローバル教育センター長
ロンドン大学LSE修士、米国ミネソタ大学院博士。JICAパキスタン事務所、ユネスコ・パリ本部教育局、国連コソボミッション教育局、ユネスコ・サラエボ事務所、九州大学大学院准教授を経て現職。研究分野は開発途上国や紛争後社会の教育政策・教育行政と平和構築。著書に「教育で平和をつくる」(岩波書店)、編著に「途上国世界の教育と開発」(上智大学出版)など。

キーノートセッション

國枝秀世
JST 上席フェロー
専門はX線天文学。国内外の数多くの人工衛星ミッションに携わる。日本天文学会理事長、名古屋大学研究担当副学長を歴任。現在はJST未来社会創造事業「持続可能な社会の実現」領域の運営統括。将来の社会的課題を見すえて革新的な科学技術でその解決を目指す研究プロジェクトを推進中。

キーノートセッション

深堀 昂
ANA ホールディングス株式会社
デジタル・デザイン・ラボ アバター・プログラム・ディレクター
エンジニアとしてANAでのキャリアをスタート。入社以来、世界中の人々を繋げて世界をより良くすることを目標に、社会起業家の航空移動を支援するマーケティングプログラム「BLUE WING」やエアラインのマイレージを用いて参加することができるクラウドファンディングサービス「WonderFLY」等を立ち上げ、2016年にはイノベーションを推進するXPRIZE財団主催の次期国際賞金レース設計コンペ「XPRIZE VISIONEERS 2016」にて、瞬間移動手段「AVATAR」を考案しグランプリ受賞。2018年3月より正式に国際賞金レース「ANA AVATAR XPRIZE」がスタート。

キーノートセッション

Kay Firth-Butterfield
世界経済フォーラム
AI・機械学習プロジェクト長
法律家として世界経済フォーラムのAI・機械学習プロジェクトを率いる。英国議会AI議員連盟専門アドバイザリーボード、IEEE (米国電気電子学会) にてAI倫理の国際標準に関する副議長等を務める。

キーノートセッション

Hank Kune
Founding Partner of the Future Center Alliance(FCA)
社会的イノベーションのためのアールト・キャンプ(Aalto Camp)の設立者の一人であり、各国のフューチャーセンターの設立や運営に影響を与える


<ファシリテーター>

キーノートセッション

駒井章治
奈良先端科学技術大学院大学
バイオサイエンス研究科 准教授
専門は神経科学。日本学術会議若手アカデミー委員会委員長、Global Young Academy役員などを歴任。サイエンスアゴラ2018推進委員長を務める。

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!