2012年8月
(海外調査報告書)欧州における“Foresight”活動に関する調査-CRDS研究開発戦略の立案プロセスに活かすために-/CRDS-FY2012-OR-02
エグゼクティブサマリー

 本報告書は、欧州における“Foresight”活動に関する調査結果について取りまとめたものである。本調査の第一の目的は、CRDSの研究開発戦略の立案プロセスに資する知見やノウハウを得ることであり、具体的には、政策対象とすべき社会の課題と最新の研究開発動向という2つの側面を、どの段階においてどのような手法によって“Foresight”活動に反映させているのか、について知り、CRDSの業務に活かしていくためである。また、調査の第二の目的は、日本の科学技術イノベーション政策において、政策対象とする重要課題をどのように認識し選定すべきかについて示唆を得ることにある。

PDFダウンロード

関連報告書