2018年3月
(ワークショップ報告書)科学技術未来戦略ワークショップ報告書 革新的デジタルツイン ~デジタルツインを支える先進設計・製造基盤技術~/CRDS-FY2017-WR-09
エグゼクティブサマリー

 全体解析技術として近年注目されつつある「デジタルツイン」は仮想世界であらゆる想定が可能な革新的シミュレーション技術である。本分野では、基礎科学からの多様な基盤技術統合化による複合現象モデルの開発、検証が益々重要になっており、モデリングの基礎となる物理・化学現象の把握・理解、評価方法の開発・標準化、評価データの蓄積が喫緊の課題となっている。

 日本のイノベーション競争力を中長期的に維持強化し、Society5.0の新たなものづくりシステムや低炭素エネルギー未来社会を実現していくためには、世界を凌駕する革新的デジタルツイン技術やそれを支える先進設計・製造基盤技術の確立に加え、未来社会に対応する新しい視点での上記基盤技術の研究や開発、それらを支える戦略が産学官で必要である。

 そこで、産業界及びアカデミア有識者を本ワークショップに招聘し、デジタルツインに関する応用展開と今後の期待など産業界の具体的な研究開発課題ニーズや、デジタルツインへの現状取り組みと今後の展望など大学の技術シーズ、さらに今後必要となる研究開発課題や、研究開発を推進する上での課題、推進方法・体制、人材育成などについて議論し、これらをまとめた。

PDFダウンロード

関連報告書