2011年1月
(ワークショップ報告書)科学技術未来戦略ワークショップ 「次々世代二次電池・蓄電デバイス技術」/CRDS-FY2010-WR-08
エグゼクティブサマリー

 本報告書は、(独)科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター(CRDS)が平成23年1月27 日に開催した科学技術未来戦略ワークショップ(WS)「次々世代二次電池・蓄電デバイス技術」に関するものである。CRDSでは、グリーンイノベーションの中心課題の1つとして二次電池を取り上げ、2030 年以降を見据えた長期的観点に立って、現在研究が進められている各種二次電池の性能、機能、コスト等の面で全く発想の異なる新材料・システムによる「次々世代二次電池・蓄電デバイス技術」の可能性について議論を行い、研究開発の方向性を示すことを目的とした。わが国では既に、蓄電技術に関する国家プロジェクト、ファンディングプログラムが複数推進されているが、その状況下で今後の研究開発課題と、推進上の諸課題、さらに各施策や関連する研究グループが互いの相乗効果を得る方策について議論をおこなった。

PDFダウンロード

関連報告書