2010年3月
(ワークショップ報告書)科学技術未来戦略ワークショップ 分子技術 報告書/CRDS-FY2009-WR-07
エグゼクティブサマリー

本報告書は、(独)科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター(CRDS)が平成21年12月17日に開催した科学技術未来戦略ワークショップ「分子技術」の結果をまとめたものである。本ワークショップでは、「分子技術」を数学・物理学・化学・生物学などの科学的知見を元に、分子を設計・合成・操作・制御・集積することによって、分子の特性を活かしながら所望の機能を創出し、広範な工学的応用に結びつけていこうとする一連の技術と定義している。本ワークショップを開催した目的は、当該分野の有識者との議論を通じて、「分子技術」が今後の日本の成長を支える基幹技術になり得るのかを検証すること、また分子技術の今後の方向性や具体的な研究開発課題を浮き彫りにしていくことにある。

PDFダウンロード

関連報告書