2009年3月
(ワークショップ報告書)計測技術俯瞰ワークショップ報告書(平成20年10月 開催)/CRDS-FY2008-WR-15
エグゼクティブサマリー

 科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター(CRDS)は、我が国の研究開発を推進するために研究開発戦略を提案することをミッションとしている。次期科学技術基本計画の検討が行われつつある中、計測技術分野における研究開発戦略の方向性を明確化し、その推進方法を策定することを目的として、平成20年10月に計測技術俯瞰ワークショップを開催した。ワークショップは、計測技術分野を5つの領域に分けて行い、各分野の技術、ブレークスルーやホットトピックスの俯瞰を行った。その上で、次世代計測・分析システムの実現とその産業・社会のニーズへの適用を考慮し、今後推進すべき研究開発領域についてグループごとの議論と全体での議論の両方を行った。
ワークショップの結果、(A)計測技術に関する俯瞰マップを専門家と議論し、(B)計測技術分野における研究開発の方向性(今後取り組んでいくべき研究開発とその推進方法)についてまとめた。

PDFダウンロード

関連報告書