2009年3月
(ワークショップ報告書)環境技術俯瞰ワークショップ報告書 平成20年7月開催/CRDS-FY2008-WR-07
エグゼクティブサマリー

 独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センターでは、今後重要となる研究開発領域、課題およびその推進方法を明らかにするための基盤として、研究開発分野俯瞰マップを作成している。今回、環境技術俯瞰ワークショップを開催し、環境技術に関する俯瞰マップを専門家との議論を通して完成させた。
 環境技術は、健全な地球と人類の持続を実現するための技術であり、環境問題というニーズに対して解決策を提供するものである。本ワークショップでは、このような環境技術の意義を明確に示すと共に、提供できる解決策としての環境技術の俯瞰マップをポートフォリオとキーワードで示した。
 完成した俯瞰マップは、以下の4つの分野から構成される。
 (1) 温暖化対策技術分野
 (2) 環境汚染対策・質向上技術分野
 (3) 資源循環技術分野
 (4) 生態系保全技術分野
 今後は、環境技術に対するニーズとその優先度を検討し、俯瞰マップに基づいて最も効果的な解決策を示すために推進すべき研究開発戦略を立案する。同時に、戦略立案過程で得られた成果を参考に、俯瞰マップの改善を進める。

PDFダウンロード

関連報告書