JSTトップ > 研究開発戦略センター(CRDS) > 報告書等 > 書籍 > 英国の科学技術情勢 −産業革命の発祥国はイノベーション立国を実現できるか−

[本文]

報告書等

書籍

2019年3月 「英国の科学技術情勢 −産業革命の発祥国はイノベーション立国を実現できるか−」

英国の科学技術情勢 −産業革命の発祥国はイノベーション立国を実現できるか−
林 幸秀(編著)、津田 憂子(著)

【発行元】アドスリー

【税込価格】 本体 1,200円+税

【判型・フォーマット】 四六判

【ページ数】 208ページ

【ISBNコード】978-4-904419-89-2

【発行年月】 2019年3月

【内容紹介】

英国は、大学や近代科学発祥の地の一つで、産業革命を開始した国でもある。しかし、二度の世界大戦を経て世界の政治・経済の中心が米国に移っており、科学技術イノベーションも例外ではない。本書では、有力な大学と優れた基礎科学の伝統などを踏まえた現在の英国の科学技術イノベーション・システムの特徴を述べ、イノベーションにおいても世界に伍していこうとする英国の挑戦を記した。